ランダムビジョンオンライン

inten

少女との出会い

「ちょっと待ってください!」

 呼び止められ、立ち上がって声のする方を向く。

「私を、私を弟子にしてくださいっ!!」

 そこにいたのは、とてもかわいいエルフ耳の少女だった。

「弟子って……俺たちのかい?」

 三人を見てから、少女に向かって問いかける。

「い、いいえっ! 完全闘士パーフェクトラウンダーのあなたにです!!」

 そういうと、少女は俺の胸に向かって飛び込んでくる。

「おっとと……。君はなんで俺が完全闘士パーフェクトラウンダーだって知ってるんだい?」

 少女を抱きとめ、顔を合わせて聞いてみる。

「さ、さっき見ていたからですっ! あなたが全闘士オールラウンダーから完全闘士パーフェクトラウンダーになるところを!!」

 ……なるほど、さっきクラスアップしたところを見ていたわけか。
 それを見て、俺に弟子入りしたいということは……

「……君は、全闘士オールラウンダーなんだね?」

 確信を持って問いかける。

「……はい、です。私はなりたての全闘士オールラウンダーなのです……」

 少女は俺から離れると、少しうつむきながら肯定する。

「それで? 俺に弟子入りして、なにを学びたいんだい?」

 正直、最初に全闘士オールラウンダーになってからあまり戦いらしい戦いをしていないので、うまくできる自信はない。
 スキルもそこまで強いのは覚えていないし、ひょっとするとステータス以外は少女に劣っているかもしれない。

全闘士オールラウンダーとしての戦い方を! 今まで全闘士この職業を目指すためにステータスは満遍なく上げて、武器術アーツ魔術マギもバランス良くとってきました。……そのせいで、パーティー内では遊撃しかできなかったんですけど……。たまたま友達と一緒にパーティーを組めていたので、ここまでこれたんです! ……でも、夢をかなえられた今こそ、友達に恩返しがしたいんです! どうか私に戦い方を教えてくださいっ!」

 そう言うと、少女は深く頭を下げる。

「……先に言っておくが、俺はこの職業についてからそこまで時間がたっているわけではない。だから、ある程度の扱い方を教えてやることはできるかもしれないが、その先……自分なりの戦闘方法スタイルを教えることはできない。それは君自身が見つけなければならないことだから……。それでもいいかい?」

 俺は少女と目を合わせて問いかける。

「………………お願いしますっ! 精一杯頑張りますっ!!」

 そう言うと、少女は俺の両手を握って笑顔になった。

「ランダムビジョンオンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く