ランダムビジョンオンライン

inten

商会

 扉をくぐった先は、広場になっていた。
 そこはどこかの公園らしく、今くぐってきた扉を中央にして周りは円形にベンチが並んでいた。

「ここが次の世界……でいいのか?」

 あまりにも普通すぎる光景に、俺は少し戸惑う。

「…………大丈夫です。ここは確かに事件の世界ですね」

 ヒカリはアクセスしたらしく、ここが次の世界だと確認したようだ。

「「意外と普通なんだね……」」

 クーとキッカはキョロキョロとしている。

「妾は世界を越えるのは初めてじゃからよくわからんが……、世界を越えた感覚は確かにあったのぉ。ここは少なくとも先ほどの世界とは別の世界で間違いはないぞよ?」

 ハクは感覚で世界を越えた事を感じたようだ。
 どこの世界かまではわからないようだが。

「そうなのか。なら早速商会へと行ってみようか」

 俺はこの世界に来た目的である、商会へと向かおうと提案する。

「それがいいともいます」

「「かしこまり~」」

「わかったのじゃ」

 全員の賛同を得られたので、俺たちは商会へと向かうことにする。

「それじゃあヒカリ? 案内を頼むよ」

 俺はマップ機能を使えるヒカリに、道案内を頼む。

「かしこまりました。…………こちらになります」

 ヒカリは少し辺りを見回すことで場所を確認できたようで、俺たちを先導するために歩き始めた。

・・・
・・


「ここが商会ですね。現在時間は午後1時なので、ちょうど空いている時間だと思われます」

 そう言うと、ヒカリは商会の扉に手をかける。

「では参りましょうラン様。この規模の商会ならば、騙されるということもないでしょうから」

 そしてそのまま扉を開いて中に入っていった。

「よし。それじゃあ行こう」

 みんなを促すように、俺は光が開けてくれた扉をくぐる。

「「「いらっしゃいませ」」」

 そうして入った俺を、メイドらしき衣装をまとった結構キレイな女性たちが迎えてくれた。

「ようこそいらっしゃいました。冒険者の方ですね? 当商会は初めてでしょうか……? でしたら、まずは受付へどうぞ。こちらになります……」

 入った直後に少し放心していた俺に、パッと見で商人だとわかる雰囲気を醸し出す青年がこえをかけてきた。

「あ、えっと……。はい、確かに初めてです。ここで受付すればいいんですね?」

 俺は案内されるままに受付へと向かい、受付嬢に声をかける。

「初めてなんですが、ここでよろしいのでしょうか?」

「はい、冒険者様。初めての方はこちらで受付をすることになっております。当商会は初めてでございますね? ではまず、こちらに記入をお願い致します……」

 そう言って、受付嬢は1枚の用紙を渡してくる。

「わかりました。………………これでいいですか?」

 用紙を受け取り、ペンを用いて記入事項を埋めていく。
 名前と年齢と職業、それから商人の登録を行うかどうかだった。
 俺は商人の登録はしないので、それ以外の項目を埋めておいた。

「はい、確かに。それでは少々お待ちください。………………はい、記録が終わりました。それでは、今日はどのようなご用件でしょうか?」

 どうやら俺のことを端末に記録したようだ。
 この手続きをすることで、商会を利用可能になるのだろう。

「オークションに参加したいのですが、どうすればいいのでしょうか?」

 俺は率直に聞くことにした。

「オークション……でございますか。それでしたら担当がございますので、そちらの方で手続きなどを行えます。この札を持って、2階のオークション窓口までお願いします……」

 そう言うと、受付嬢は何かの手続きを端末で行ってから、札を俺に渡してきた。

「わかりました。この度はありがとうございました。それでは失礼します」

 俺は受付嬢にお礼を言ってから、言われたとおりに2階へと向かった。

「ランダムビジョンオンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く