ランダムビジョンオンライン

inten

日常の塔④

 日常の塔③をクリアした俺たちは、次の日常の塔④へと進んだ。
 現在時刻は12時くらいであり、昼時ではあるが先に進むことを優先した。
 一度街に戻ってしまうと、こっちに来るのでまた時間がかかってしまうからな。

「さて、入口についたわけだが……。購買は一つしかないようなんだが? 通常の入り方しかないのか?」

 俺はクー達に問いかける。

「ここは厄介でね? 完全にランダムなんだよ……」

「通常なのか、ランダムなのか、バラバラなのか……。入ってみるまでわからないんだよ」

 二人は困ったような顔でこたえる。

「そうなのか? めんどくさいな……」

 おもわず呟いてしまう。
 しかし、二人の言ったことが本当ならば……厄介でありめんどくさい。

「とりあえず入ってみるしかないのか……。みんなそれでいいよな?」

 俺はみんなに確認を取る。

「はい、ラン様。大丈夫です」

「「大丈夫だよっ」」

「妾も構わんぞ。仕方がないしの……」

 四人とも大丈夫なようだ。

「わかった。それじゃあ行こうっ」

 俺たちは光る扉をくぐった。

・・・
・・


「みんないるか?」

 光が収まると、まずは全員いるかの確認を取る。

「大丈夫ですラン様。ここにいます」

「「大丈夫だよぉ……。離れ離れじゃなくてよかったよ」」

「妾もここにおるぞ。無事なのじゃ」

 俺の声に四人のこたえが返ってくる。
 どうやら全員バラバラになることはなかったようだ。

「よかった、全員バラバラにならなくて……。次は場所の確認だな。ヒカリ、わかるか?」

 現在俺たちがいるのは、階段らしき場所だった。
 何階から何階へ行く階段かはわからない。

「どうやらここは八階のようです。日常の塔④は十階までなので、あと二つ上がればいということですね」

 光がマップを使ってこたえる。

「結構上だな……これはラッキーだったな。よし、さっさと上に向かおうか」

 俺は返事を待たずに歩き出す。

「はい、ラン様」

「「かしこまり~」」

「わかったのじゃ」

 四人も俺の後ろを歩き出した。

・・・
・・


 あの後何回か戦闘えおこなした俺たちは、現在ボスの扉の前にたどり着いていた。 

「日常の塔④のボスはなんだ?」

 知っているであろうクーとキッカに問いかける。

「ここのボスはジャイアントモンキーだよ」

「ボス自体はあまり強くないけど、取り巻きがいるからめんどくさいんだよ」

 二人が嫌そうな顔でこたえる。

「取り巻きか……何体くらいいるんだ?」

 俺も少しめんどくさいなと考えながら、二人に確認を取る。

「こっちの人数と同じだよ」

「今回は5体だね」

 五体か……。
 強さにもよるが、ボスに集中できないのはめんどくさいだろう。
 まぁ、どちらにしろ先に倒してしまえばいい。

「なら魔法でさっさと倒してしまうか。増援がある訳じゃないんだろ?」

 そう。
 無限増援とかならめんどくさいを通り越してウザイが、一回倒してしまえば出てこなくなるなら、たいした手間ではない。
 俺の魔法で遠距離からのウインドカッターとファイアボールで倒せるだろう。

「そうだね」

「一回倒せばそれで終わりだよっ」

 二人も俺の魔法を思い出したのか、簡単に倒せると思っているようだ。

「それじゃ、行くぞ?」

 俺は全員に確認を取る。

「はい、ラン様」

「「レッツゴー」」

「妾も頑張るのじゃ」

 全員やる気になったようだ。
 それを確認し、俺は扉を開いた。

「ランダムビジョンオンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く