ランダムビジョンオンライン

inten

呪縛からの解放

「くっ、は!?」

 完全に倒したと思っていた相手からの攻撃で、俺の体から何かが抜けていく感覚がした。
 それは血なのかもしれないし、魂的ななにかかもしれない。
 しかし、俺のHPは残っている。
 俺はすぐさま向き直り、呪縛に向けてスーパーソードの一撃を食らわせた。

「キシャーーーーー!!」

 断末魔だと思われる悲鳴らしきものをあげ、今度こそ呪縛はその体を黒い光として散らす。

「終わった……みたいだな。これで良かったんだよな? ハク?」

 俺は武器をしまい、ハクに話しかける。

「う、うむ。今ので呪縛は完全にとけたようじゃ。これで妾はこの場所から完全に解放された。ありがとう……」

 そう言うと、ハクは俺に最敬礼のように頭を下げた。

「いいってことよ。俺の経験にもなったしな」

 スキルを使わない戦闘……強者との戦い。
 俺は少し成長できた気がしていた。

「ラン様? 終わったようですし、早く次に行きませんか?」

 そんな俺に向かって、ヒカリが声をかけてきた。

「さんせ~い」

「今日中に三つクリアするんでしょ?」

 光の言葉にクーとキッカが賛同する。

「そうだな。さっさと次に行って、さっさとこの世界をクリアしてしまおうか」

 俺も三人に賛同の意を示し、出口に向かって歩き出す。

「当然妾も連れて行ってくれるのよな? 新たなパーティーメンバーとして、迎えて欲しいぞよ?」

 そうだった。
 ハクをパーティーに入れるのを忘れていた。

「これからよろしくな? ハク」

 俺はハクをパーティーに入れる。

「うむ、我が主。そこな三人もよろしく頼むのじゃ」

 そう言ってハクは、今度はヒカリたちに向けて頭を下げる。

「よろしくお願いいたしますね?」

「「よろしく~」」

 それに対してヒカリは頭を下げ返し、クーとキッカが手を振り答えた。

「んじゃ改めて、行こうか? 四人とも」

 俺は四人を見回すと、先頭を歩き出す。

「はいっ! ラン様」

「「かしこまり~」」

「了解したのじゃ」

 俺は四人を引き連れて出口である扉をくぐった。

「ランダムビジョンオンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く