ランダムビジョンオンライン

inten

VSジャイアントスネーク

「よくぞ来たな、汝たちよ。我はそなたらを歓迎しよう……」

 俺たちがボス部屋に入って、目の前の白い大蛇に目を向けた瞬間、頭の中に声が流れた。
 扉を通って中に入ったおれたちを待っていたのは、全身が真っ白な大きな蛇だった。
ボス部屋はこれまでと同じように広場になっており、ホールのような内観をしている。
なになに文化ホールなどと呼ばれるような広い円形状の部屋で、天井も丸くなっている。

「お前がジャイアントスネークか? ってか、ボスって喋れるのかよ!?」

 俺は聞こえてきた声に驚き、目の前の大蛇に問いかける。

「ふむ……我が声は聞こえるようだな。ならば汝らよ、ここから我を開放してくれ……」

 大蛇にしてはキレイな女性の声で、自分をここから開放して欲しいという。

「どう言う意味だ? ヒカリたちは何か知っているか?」

 こういう情報には、データベースにアクセスできるヒカリたちが強いだろう。
そう思った俺は、三人に向けて問いかける。

「申し訳ありませんラン様。白いジャイアントスネークなど初めて見ます。私はここにこのような存在が現れるというイレギュラーは知り得ません……」

「「右に同じだよ……」」

「白いジャイアントスネークなんて、神話の中の存在だよ!?」

「そうそう。そんな存在がこんな場所にいるはずないし!!」

 ヒカリは白いジャイアントスネークにちては知らないようだ。
クーとキッカは白いジャイアントスネークについては知っているようだが、ここに現れるとは思っていなかったようだ。

「そうか……。つまりこれは、未知のイベントってことだよな?」

 三人の言葉に、俺は少しワクワクしていた。
この白いジャイアントスネークがクーとキッカの言うように神話の中の存在ならば……、三人ともここにそんな存在がいるはず無いと言っているということは……。
このイベントは半神でなければ起きないイベントと考えるのが妥当だろう。
 つまり、これをクリアすれば今までの全てのプレイヤーが通っていない道を歩けるということになるだろう。
これほどゲーマーの心を揺さぶることはあるだろうか?

「よしっ! 白い大蛇さんよ、あんたの願いを叶えるぜ! 何をすればいいんだ……?」

 俺は白い大蛇に問いかける。
彼女(おそらく)は自分を開放して欲しいと言った。
それはつまり、倒すかなんなりかしなければいけないとういことだろう。

「ふむ……。汝ならば我が願いを叶えてくれるやもしれんの………………。では言おう…………我に名を与え、眷属にしてくれ!」

 しかし、返ってきた言葉は俺の予想を裏切る言葉だった。

「眷属……だと? 名を与えってことはわかるが、眷属ってどうやって作るんだ!?」

 俺は半神ではあるが、初心者もいいところなのだ。
半神の常識を一般常識のように言われても困ってしまう。

「三人は知っているか? 俺はどうやればあいつを眷属に出来るんだ?」

 俺は三人に問いかける。

「「私たちはしらないよ~」」

「私も知りません」

 しかし、三人からは良い返事は返ってこなかった。

「ふむ……。汝は眷属を知らんのか……?」

「あぁ、知らないよ。白い大蛇さん……呼びにくいから「ハク」でいいか? ハクは俺の眷属にどうやってなるんだ?」

 俺は素直に白い大蛇「ハク」に尋ねる。

「ふむ……良い名だ、気に入ったぞ。……しかし、隣の狼が眷属のようだったために期待したが……、本当に知らんのか?」

「狼ってヒカリのことか? ヒカリが眷属……ってことは、あれでいいのかな……?」

 俺には一つ頭に浮かぶことがあった。

「何でも良い、時間はまだあるゆえに試してみてくれ……」

「わかった」

 ハクの了承を得た俺は、思いついたことを試してみることにした。

「汝に新たな名を授ける! 汝が名は「ハク・フリーダム」なり……。我が眷属として家族になりし意思はあるか?」

 頭で考えたことを実現するために、ハクへと問いかける。

「是非も無し……。我が身命を賭して仕える事を誓おう……我が主よ」

 ハクも俺の言う言葉を受け入れてくれる。

「ここに契約は成立した! 汝を我が眷属として迎えよう!」

 俺がそう言った瞬間、俺とハクを光が包み込んだ。

「ありがとう、我が主。おかげで我は解き放たれた……」

 光が収まりはじめると、そこには真白色の肌をした美しい少女が立っていた。

「ハク……なのか?」

「そうだよ、我が主? あなた様に名づけて頂いた、ハクです……」

 そう言うと、ハクは俺に背を向ける。

「無事に眷属にできたみたいだな、よかったよ。……んで、ハクはなんでこっち向かないん」

 ハクが後ろを向いたことを聞こうとした瞬間!!

「キシャーーーーー!!!!!」

 巨大な黒い大蛇が襲いかかってきた。

「ランダムビジョンオンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く