ランダムビジョンオンライン

inten

とある朝の風景

「…ン君、ラ……んっ」

 ん? だれかに呼ばれている気がする。
この声は誰だろう?

「…ン君、ラ……ん。あ……よっ、お…てっ!」

 うむぅ……眠い。
部屋は既に明るいようだが、昨日は2時くらいまでやってたから、今の時間によってはまだ起きたくないぞ……。

「…ン君、ラ……ん。あ……よっ、お…てっ! も…8…だよっ!」

 8……なんだろう? 8時ってことだろうか?
だったらまだ寝ていたいのだが…………。

「うむぅ……。あと10分……」

「ほんとだね? 10……後に…お……もら…よっ! もう………はんできてるんだからね!?」

「うーん……わかったよ。おやすみぃ……」

「ラ…君っ! もうっ、し……な…んだ…ら……」

 うむ、8時なら大丈夫だよな。
なにか出来てるって言ってたと思うけど、あと10分の誘惑はおそろしい……ぜ。
俺は、再び眠りへと落ちていった。

・・・
・・


「まったく、ラン君ってば。もう8時なんだよ!? 朝ごはんが冷めちゃうよっ!」

 私、クーことクナンはみんなの代表としてラン君を起こしに行った。
しかしラン君は目覚めてくれず、あと10分といって起きようとしなかった。

「10分後には、しっかりと起きてもらうんだからっ! 三人で押しかけてでも起きてもらおう!」

 私は、10分後に三人でラン君を起こすことを想像しながら、二人のところへと向かった。

・・・
・・


 その襲撃があったのは、ちょうど10分後だったと思われる。
俺は起きていなかったので、正確な時間はわからなかったが、俺が自分で後10分と言ったのはなんとなく覚えていた。
だから、あの三人が襲ってきたのは、8時10分から15分の間だったと思う。

 まず感じたのは衝撃だった。
「おっきろー!」という声と共に、腹部に衝撃が走った。
どうやらキッカが跳びついてきたらしい。
起きていれば十分に受け止められたのだろうが、今の俺は寝ている状態だ。
必然的に、受け止められずにダメージを負ってしまった。

 俺は腹部への衝撃により、おもわず「ぶべらっ!」などという、変な反応をしてしまう。
その衝撃だけで、俺は十二分に目が覚めていたのだが、その後がまずかった。
(おそらく)ヒカリが俺に膝枕をし、(おそらく)クーが腹部をさすってくれた。
キッカはわからないが、下腹部に何かを感じる……。

 というか、朝なので俺の息子も起き出したようで…………
キッカ(おそらく)は下腹部で何やらもぞもぞしている。
このままだとやばいっ!? だが、この状況で起きるのは恥ずかしいぞ?
どうすればいいんだっ!?

「ラン様? 朝食の用意ができています。起きてください?」

 この声はヒカリか。
頭上から聞こえるってことは、やっぱり膝枕してくれているのはヒカリか。

「さっき自分で後10分って言ったんだよ? 起きてよラン君!」

 この声はクーか。
さっきってことは、最初に一人で起こしに来たのはクーだったのか。

「うむぅ……」

 俺は寝ているふりをする。
このまま自然と、あくまでも自然と起きなければならない。
これは朝から難易度が高くないか?

「ふっふっふ、ラン君のここは元気だよぉ? どうしちゃおっかなぁ?」

 まずいっ! キッカは俺の息子に気がついている!
やはり下腹部のあたりにいるのはキッカだったか!
まずいぞまずいぞ!? ナニをナニされたら大変なことにっ!?

「ダメですよキッカ? 今は起こして差し上げるのが先決です」

「そうだよキッカ! 抜け駆けはダメだよ!」

「それもそうね。寝ている間になんて、さすがに可哀想よね……」

「そうですよ。どうせなら、起こした後にシテもらいましょう?」

「そうだよキッカ。だからそこを一回どいてあげなよ」

「わかったわ。これでいいでしょ?」

 そう言うとキッカは立ち上がってくれたようで、俺の下腹部から重さとぬくもりが消える。
これなら起きても大丈夫かな? …………よし、起き出そ「ラン様? 起きてくださらないとキスしてしまいますよ?」う?
キスゥ!? それはまずいぞっ! 俺の息子が起きるだけじゃなくてバーニングしてしまう!!

「起きないのですか? それでは失礼して……」

 待った待った待った!!

「待った待った! 起きたから。大丈夫だかるっ!?」

「てへっ、いただいちゃいました」

 今の状況を説明しよう。
俺は待ったと言いながら目を開け、上体を起こした。
そこにヒカリが顔を下げてきたため、見事にキスが成立してしまったのだ!!

「あぁー! ヒカリちゃんずるいぃ!!」

「自分で抜け駆けしてたら世話ないわよ!?」

「あっ、たしかにそうですね。すみませんでした……」

「謝らなくてもいけど……。私にもさせてっ!」

「あっ! 私もやるっ!」

 そう言うと、二人が俺に向けて顔を近づけてくる。

「二人いっぺんには無理だっ。順番でなっ?」

「そうですね。二人いっぺんでは無理……ですね。ここはジャンケンをしては?」

「「わかった」」

 二人は納得したようで、離れてくれる。

「「じゃんけんぽんっ!」」

 そして、順番を決めるためのジャンケンを始めた。

「「アイコでしょっ! アイコでしょっ! アイコでしょっ!」」

 なかなか白熱したバトルである。

「「アイコでしょっ! やったー!」まけたぁ……」

 どうやら勝負がついたようだ。

「私の勝ちっ! キッカが三番目ね!」

「くやしぃ……。明日は勝つんだからっ!」

「ってことなんで、ラン君。キスしよっ? んーーー」

「了解。んっ!」

 俺はクーの唇に軽くキスをした。

「次は私よっ! んーーー」

「んっ! ……これで三人とも終わったな?」

 キッカにも軽くキスをして、三人を見回す。

「それで? 朝食が出来てるんだよな?」

「はい、ラン様。すでに宴会場に準備してあります……」

「いこっ! ラン君!」

「一名様ごあんな~い!」

 俺は、三人に引っ張られて宴会場へと向かった。

「ランダムビジョンオンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く