ランダムビジョンオンライン

inten

VSキングスライム

「ここがそうなのか?」

「みるからにそうですよね~」

 途中に何回かの戦闘をはさんだ俺たちは今、始まりの塔にもあったような、門の前にたどり着いていた。
あきらかにボス部屋の入口だと思われるこの門は、とても大きく、かっこよかった。

「この中にはボスがいるんだよな?どんなやつなんだ?」

「「ここのボスはキングスライムですよ」」

「キングスライム?」

「キングスライムといえば、あの……金になるという。あのキングスライムですか?」

「キングスライムって金になるのか?」

「その通りですよ、ラン君」

「キングスライムはドロップアイテムがいいものばかりなのですよ」

「私が知っている限りですと、かなりのサイズの魔結晶を落とすそうです……」

「それだけじゃないよっ」

「キングスライムは、それそのものが素材になるからね?」

「キングスライムのジュースは、スライムジュースの100倍で取引されるんだよ」

「大きさもあるから、結構な量が取れるんだよ?」

「平均で10~15くらいは取れるはずだよっ」

「全部売れば、2~3万位にはなりますね。お得でしょう?」

「そこまでは知りませんでした。確かにお金になりますね。ラン様、早速いきますか?」

「そうだね。スライムならちょうどいい実戦の練習台になってくれそうだから、一人でやらせてくれるかな?」

「わかりました。危なくならない限りは、手出しはしないことにします……。二人もそれでよろしいでしょうか?」

「「かしこまり~」」

「カッコいいところを見せてよね?」

「私たちが選んだことを後悔させないでください」

「わかった。頑張るよっ!」

「では行きましょう。……開けますよ?」

「あぁ」

「「レッツゴ~」」

 ヒカリがボスの部屋の扉を開ける。
俺たちはまとまって中に入った。

・・・
・・


「あれがキングスライムか……でかいなっ」

 部屋の中……奥の方には、ぷるるるる~んという擬音が似合いそうな、巨大なスライムがいた。
通常のスライムは、俺の膝から腰辺りまでの大きさなのだが、このキングスライムは全然違う。
明らかに3メートルはありそうで、遠めに見なければ全体を見る事が出来そうにない。

「だがまぁ……相手はスライムだ。でかいってことは、体力があるという予想がたつが……それ以外の能力は普通のスライムと大して変わらないと見た。クー、キッカ、その認識であっているか?」

「その認識で正しいのですよ」

「ただ、その体力が問題なのです……」

「ボスモンスターの中でも上位に位置する体力を持っているのですよ」

「同レベルの中では、ドラゴンやゴーレムに次ぐ体力の持ち主なのですっ」

「それは……すごいのか? ドラゴンもゴーレムも見たことがないから、比較できないぞ?」

「それではこう考えてください……」

「普通のスライムを150レベルにして、体力を100倍にした感じですっ」

「それはまた……微妙なたとえだな。まぁいいや、つまりはしぶといってことだろ? それだけならむしろ、たくさん練習できるぜっ!」

「ラン様のステータスなら……スキルを使わなければ、むしろ楽勝でしょう。まぁそれでも、数発で倒せるわけではありませんが……」

「通常攻撃で戦えばいいんだろ? それが今後の目的である自力の強化だからな。……早速行くぜ? 「我が魔力を糧に、炎の弾よここに。我が意志に従い、敵を焼き尽くせ! ファイアーボール!!」」

 俺は自分の考えた・・・詠唱を唱え、ファイアーボールを発動する。
この詠唱を用いた魔法の発動は、通常攻撃扱いになる。
武器の攻撃力ではなく、自身のステータスによって威力が決まるのだ。
 この詠唱だが、決まったものはない。
決まっているキーワードを用いさえすれば、ほかは自分で考えていいのだ。
今回のファイアーボールの場合……「炎の弾」と「ファイアーボール」の二つが決まっているキーワードであり、それ以外の部分は俺のオリジナルである。
そのため、「炎の弾よ、ファイアーボール」と唱えればファイアーボールは発動する。
ただし、詠唱が短いとデメリットが発生する。
そのデメリットとは、威力が弱くなるというものだ。
通常攻撃の魔法の威力は、詠唱時間×消費MPに比例する。
単純な話、詠唱時間さえ長くすれば、ただのファイアーボールでも上位の魔法と同程度の威力が出せるのだ。
だがまぁ、そんな威力を出そうとすれば、詠唱時間が一分以上は必要になるだろう。

閑話休題

今回の俺の詠唱時間は約6秒。
消費MPが10なので、60のMP……つまりは今まで使っていた詠唱無しの魔法の、6倍以上の威力を持つファイアーボールを使った事になる。
なぜ6倍以上かというと、武器攻撃力依存の部分がステータス依存になっているからである。
まぁ簡単に言うとだ……

「結構でかかったな。今までの大きさの10倍くらいか?」

 俺が放ってキングスライムに命中させたファイアーボールは、今まで使っていたものとは大きさが違った。
その分威力も上がっているらしく、今までだったら牽制程度にしかならなかっただろうファイアーボールが、敵をひるませるまでになっている。

「次は風を使ってみるか……「我が魔力を糧に、風よ研ぎ澄ませ。研磨の風刃、敵を切り裂け! ウインドカッター!!」」

 今度はウインドカッターを発動する。
ウインドカッターも詠唱時間は6秒程、消費MPが10なので、6倍以上の威力になったはずだ。
普通の詠唱しないて発動したウインドカッターが、ただの目に見える風の線だったのに対し、今発動したウインドカッターは、巨大な風の刃だった。
横に飛ぶ風のギロチンといえば、一番正しいと思う。
キングスライムに当たった場所から上を、切り飛ばしたのだから。

「部分破壊に成功なのですっ」

「これで、ドロップアイテム以外にも、スライムジュースが回収できるのですっ」

「今の切り飛ばした部分のことだな? 後で回収しよう。……それより、次は水を試す。「我が魔力を糧に、圧縮せし水球をここに。我が意志に従い、敵を押しつぶせ! ウォーターボール!!」」

 発動したウォーターボールは直径が1メートル位であり、光を反射しておらず暗い水底をイメージさせられた。
ちなみに、ファイアーボールも同じくらいの大きさだった。
 ウォーターボールはキングスライムにぶつかると、そのまま貫通した。
キングスライムに丸く穴があいたが、すぐに元通りになってしまった。

「やっぱりスライム系に水はだめか……。んじゃ次は土だ。「我が魔力を糧に、研ぎ澄まされし土の杭を。尖りし弾丸、敵を刺し穿て! アースニードル!!」」

 できたアースニードルは、太さ30センチ、長さ60センチほどの三角錐だった。
高速で撃ち出されたアースニードルは、キングスライムに命中すると、そのまま刺さって消えなかった。
どうやら継続ダメージを与えられるらしい。
キングスライムは苦しんでいるように見える。

「さすがですね、ラン様。四属性とも見事な威力でした。次は剣による近接ですね」

「かっこよかったです」

「魔法を見る限り、あなたを選んで良かったですわ……」

「そうかな? そういって貰えると、頑張って詠唱を考えたかいがあったよ。……さて次は、ヒカリの言うとおり剣による近接戦の練習だ。見ててくれよっ」

 俺は三人に向いて声をかけると、右手にノーマルソードを装備する。

「行くぜ? ハァァァァッ!」

 俺はキングスライムに向いて走り出す。
キングスライムが体を伸ばして攻撃してくるが、剣で打ち払ってそのまま突っ込む。

「ヤァッ!!」

 間合いに入ってそのまま一閃。
スキルを発動しない、通常攻撃である。
そのまま走り抜け、キングスライムの後ろにまわる。

「もういっちょっ!」

 俺を見失っているキングスライムに、二度目の攻撃を仕掛ける。

「やぁっ! たぁっ!」

 驚くキングスライムに、三度、四度と追撃をかける。

 ぽよ~ん

四度目でこちらに気づいたらしく、こっちに向き直るキングスライム。

「だが甘いぜっ!」

 俺は、キングスライムが向き直る方向と同じ方向に回り込み、再び背後をとる。

「ハァッ!」

 そのまま再び切りつけ、キングスライムに確実にダメージを与えていく。

 ぽよんっ!

「うぉっと!」

 学習したのか、キングスライムが後ろに向けて攻撃をしかけてくる。
俺はなんとか防ぐが、カウンターを受ける可能性を考え、一度キングスライムから距離をとる。

「ラン様! 今の防具ならば、多少くらった程度ではあまり大きなダメージにはなりませんっ! 臆せずにそのまま攻撃をっ!」

「ラン君、かっこいいところをみせてくれるんでしょ?」

「ラン君っ! そのままきめちゃいなさいっ!」

「わかった! イクゼェッ!」

 俺は三人の声に従い、再び距離を詰めて切りかかる。

「うおぉぉぉぉっ!」

 そのまま離れずに連続で切りつけていく。

 ぽよよよ~ん

さすがに危機を感じたのか、キングスライムが俺から離れる。

「離れたということは、後少しで倒せるはずですっ!」

「「いっけぇっ! ラン君!!」」

「うおぉぉぉぉっ!!」

 おれは駆け出し、飛び上がる。

「チェェストォォォ!!」

 そしてそのままキングスライムを一閃した。

 ふにゃふにゃふにゃ

 その攻撃でHPがなくなったらしく、キングスライムはその場で潰れて消え去った。

「よっしゃぁぁぁ!
 勝ったぞーーー!!」

 俺は初めてのちゃんとした戦闘に勝利を収めた。

「ランダムビジョンオンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く