ランダムビジョンオンライン

inten

主従ではなく家族として

「おっそいなぁ……」

 あれから10分ほど待ってみたのだが、ライトが現れる様子がない。
通信もかかってこないし、どうしたのだろうか?

「しゃーない、こっちからかけてみるか……」

プルルルル、プルルルル、プルルルル……ガチャ

『このエリアは通信不可エリアとなっております。通信をするためには、扉を開いて外に出る必要がございます。お手数ですが、一度外に出るようお願い申し上げます……』

しばらく待つと、そのようなシステムメッセージが流れてきた。

「まじか、なら一度戻ってみるか……? ってかよく考えたら、さっきも戦わないで一度エレベーターを調べてみればよかったんじゃ……?」

今さら気づく、衝撃の事実である。

「ってことで、エレベーターはっと……」

 エレベーターの前に来ると、エレベーターの少し右に下行きのボタンが表示されており、押してくださいとというメッセージが表示されていた。
おそらくはこれを押せば下行きのエレベーターがやってくるのだろう。

「ってことで、さっそくぽちっとな」

俺はエレベーターのボタンを押す。

ブーンブーンブーン、ピンポーン

 来た時よりも短い時間でエレベーターが到着する。
中に何も入っていないからだろうか?

「とりあえず中に入ろう……うわっと」

俺が中に入ると、いきなりエレベータが動き出した。

「来た時と同じかよっ! びっくりするだろうが!!」

このエレベーターが動き出す理屈がわからないため、いきなり動き出すのは心臓に悪い。

ブーンブーンブーンブーンブーン、チーン

来た時と同じくらいの速度で下まで到着する。

マスター!!!」

扉が開いた瞬間、こちらに気が付いたライトが飛び込んでくる。

「ど、どうしたんだよライト? そんなに泣きじゃくって……」

俺に抱きついてきたライトの顔は、涙でぐちゃぐちゃだった。

「ま、ますたぁ……うぅ」

いままでずっと泣いていたのか、その声は少しかれている。

マスターがエレベーターにとり込まれたと思ったら、呼び出しコールも通じなくなって……あちらの表示でいちばん上で止まったとわかったので、もしボスと戦っていたとしたら……今のマスターでは準備不足が過ぎます。もし負けてしまって死んでしまったらと考えたら……とても不安になったんです」

「あぁー、なるほど。確かに準備不足だったよ? でも……こうして生きてるんだから、大丈夫だよ。俺は死なないって!」

マスター……」

「君が信じた俺は……君が信じてくれている限り俺は、絶対に死なないよ!!」

「はいっ、はいっ!!マスター!!」

「よしっ、それじゃあ涙を拭いて? 上に行こう……っとその前に、試したいことがあるんだ」

「試したいこと……ですか?」

「うん。ライトと俺で、パーティーを組めないかと思ってね?」

「よろしいのですか? レベル差の関係で、経験値が全然入らないようになってしまうではないのですか?」

「確かにそうなんだけど……パーティーを組んでいたら、パーティー内の専用通話ができるだろ? それに、このエレベーターはパーティー用なんじゃないかと思ってね……」

「……なるほど、確かにその可能性はありますね。では早速、申請していただけますか?」

「あぁ」

俺はシステムから、パーティーの申請をライトに送る。

「受諾しました。改めまして、よろしくお願いしますね? マスター

「そこなんだがな……俺は考えていたんだよずっと、お前の名前をさ? それで……今朝思いついたから、今日の夜にでも宿屋でやろうと思ってたんだが……ちょうどいい、今ここでやりたいと思う」

「何をですか……?」

「お前の名付けと、これからの在り方についてだよ」

「??」

「まずは名前からだ。俺がお前に名付ける名前……それは「ヒカリ・フリーダム」だ!!」

「ヒカリ……フリーダム? マ、マスター……それは、マスターのファミリーネームでは?」

「そうだよ? これから俺とお前は家族になるんだ!!」

「家族……ですか?」

「そうだ、家族だ。俺は半神に転生したし、この世界では家族と呼べるものはいない。だから、俺についていきたいと言ってくれたお前に……俺のことを慕ってくれて、愛しく思えるお前に、家族になってほしいんだ……」

マスター……」

「そういう意味を込めて、お前に俺のファミリーネームを与える。これからは主従じゃなく、家族として共に生きてくれ!!」

「……わ、わかりました。謹んで拝命いたします、我が主マイマスター……」

「その呼び方も変えてもらう。俺の名前はランワードだ。だからこれからは、家族として……「ラン」って呼んでくれないか?」

「「ラン」……ですか? マスター?」

「そうだ。マスターじゃなくて、ただの「ラン」だ」

「わ、わかりました。ます……ラン様」

「様もいらないぞ?」

「いいえ、家族としてくれた事はとてもうれしいです。……ですが、私がマスターを思う気持ちに変わりはありません。……なので、呼び捨てはできません。ラン様と呼ばせてください。お願いします……」

「しゃーないか……わかった。それでいいよ。これからもよろしくな? ヒカリ?」

「はい、ラン様。末長く、よろしくお願いいたします……」

「んじゃ行くか?」

「はいっ!ラン様!!」

パーティーを組み、名付けを行い、家族として絆を深めた俺たちは、エレベーターへと乗り込んだ。

「ランダムビジョンオンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く