ランダムビジョンオンライン

inten

ひらけゴマ

マスターマスター。今日はどこに行くのですか?」

街から出たあたりで、ライトが行き先を聞いてきた。

「今日はね、上と繋がってるダンジョンに行くつもりだよ。今日は下見で、明日攻略するつもりだけどね?」

「上と繋がってるダンジョンということは……始まりの塔ですね?」

「あぁ…そんな名前なんだ。場所は知ってるけど、名前までは知らなかったよ」

「あそこにはボスがいますからね。始まりの塔と言っても…初めて挑むダンジョンとしては、不適切な気がするのですが?」

「だからこその今日の下見だよ。今の俺がどれくらい通用するのかを試したいんだ」

「なるほどなのです。……それでは、私はあまり手伝わない方がよろしいのでしょうか?」

「そうだね。今日は自分だけでやりたいかな? ……まぁ、危なくなったら助けてほしいけどね?」

「わかりましたなのです。危なくなったら・・・・・・・ですね?」

「よろしくね? ……んじゃ行こうか、初めてのダンジョンへ」

話しながら歩いた結果、見えてきた塔を指さし、笑いかける。

「はいなのですっ」

それに対し、ライトが元気よく返事をした。




◇◇◇◇◇◇◇◇◇




「さて、目的地に着いたわけだけど……入口はどこだ?」

 塔の入口らしき場所……扉のような絵が描かれた場所に着いた俺とライトだったが、開いておらず……入口になりそうな場所もなかった。

「このダンジョンの入場制限は、たしかレベル90以上だったはずです。なにか鍵になるようなものは……見当たらないですね。どういうことでしょう?」

 塔の外側を一周してみたが、これといった装置らしきものも見つからない。
途方に暮れた俺は、最初の場所に戻ってきてみた。

「たぶんここが入口だと思うんだけどなぁ……」

 ここに描かれている扉の絵を見る限り、ここで何らかのアクションをすれば入れるようになるはずなのだが…………

「ひらけゴマッ! ……つっても、やっぱり開かないよなぁ……はぁ」

「街に戻って聞き込みしてみますか? マスター?」

「いや、ここは先達を頼ってみようと思う」

「先達……ですか?マスターのお知り合いの方でしょうか?」

「俺のいとこでな、攻略最前線にいるはずのやつがいるから、そいつに聞いてみようと思う」

「攻略最前線……ですか?」

「そうそう。確か今は……何階だっけな? 忘れたけど、とにかく聞いてみるよ」

「わかりましたなのですっ」

「んじゃちょっと待っててくれよ? ……呼び出しコール桜狐さくらこ

プルルル……プルルル……プルルル……
知り合いに直接電話をかけるように、システムを使って桜狐を呼んでみる。
プルルル……プルルル……プルルル……ガチャ

「おっ、つながったか……桜狐、聞こえる?」

『お久しぶりですね、兄様にいさま。何のご用でしょうか?』

「今始まりの塔の前にいるんだけど、入口らしきものが見当たらないんだよ。どうなってるんだ?」

『始まりの塔……ということは兄様、ようやくキャラクタを決められたのですね?』

「そゆこと。まぁ、まだ始めてから数日なんだけどね」

『そうですか。どのようなキャラクタにしたのですか?』

「それは追いついてからのお楽しみってことで」

『もったいぶりますね……まぁいいです。楽しみにさせていただきますね?』

「おう。……んで、始まりの塔の開き方なんだが……」

『普通に扉の絵に手を当てて、ひらけゴマと念じるだけですよ?』

「マジで!? ってことは、俺の行動は惜しいところだったのか……」

『惜しいとは? 手を当てただけとかですか?』

「いや、扉の絵の前で「ひらけゴマ」って言ってみたんだよ」

『なるほど……バカみたいですね(笑)』

「おいっ、わざわざかっこ笑いとか言う必要はねぇだろう?」

『失礼しました。それで? 用事はそれだけですか?』

「用事はな? ……まぁ、久しぶりに声が聞きたかったってのもあるんだがな?」

『そうですか。……では兄様、また今度。早く追いついてきて下さいね?』

「わかってるよ。今何階なんだ?」

『現在は35階の助けの塔2ですよ。パーティーで挑むとボーナスが入るんですよ』

「へぇ、そうなんだ。んじゃ三ヶ月以内にはたどり着きたいかな?」

『三ヶ月ですか……これは大きく出ましたね。ホラ吹きにならないで下さいよ?』

「大丈夫だよ。俺は最強だからな……」

『そうですか。……それでは、こちらも忙しいのでそろそろ切りますね? それでは』

「あぁ、またな」

ガチャン
受話器を置いたような効果音とともに、通話が切れる。

「入り方がわかったよ。早速入ろうぜ?」

「はい、マスター

「んじゃ、扉の絵に手を当てて……「ひらけゴマ」」

ゴゴゴゴ……という音を立て、扉の絵が実際の扉となって開く。

「よし、行こう。とりあえず今日の目標は、ボス部屋までのマッピングだな」

 入口から中に入り、システムからマッピングをひらいてみる。
すると、

「了解しましたマスター。マッピングを行いますね?」

ライトがいつの間にかマッピングツールをもっていた。

「できるのか!? ……なら、よろしく頼むぞ?」

「任せてください」

俺はライトにマッピングをまかせ、周囲の警戒に集中することにする。

「それじゃ、楽しい探検の始まりだっ!」

「レッツゴー! なのですっ」

俺とライトの始めてのダンジョン探索が幕を開けた。

「ランダムビジョンオンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く