ランダムビジョンオンライン

inten

二つ目の街

「ここが二つ目の街の「トウワズ」か。次の階層には、ここの近くのダンジョンから行けるんだったな」

「これが人のつくった「街」というものか……マスター、これからどうするのだ?」

「うーん、まずはとりあえず道具屋で換金かな? お金が欲しいしね」

「かん…きん……とはなんだ? お金になるのか?」

「あはは、換金ってのはね? モンスターが落としたアイテムを売ることだよ。俺たちみたいなのは、基本的にそうやって稼ぐのさ」

「なるほどっ! おぼえたぞ! ではさっそくかんきんに行こうではないか!」

「そうだね、それじゃあ行こうか?」

俺は、ライトを連れて道具屋へ向かった。




◇◇◇◇◇◇◇◇◇




 ライトは現在、人の姿をとっている。
ウルフだったころは、普通の幼女だったのだが……
現在のライトは狼の姿だと体高3メートル、全長5メートルくらいだが、人の姿だと…いわゆるロリ巨乳といわれる姿となっており、さらにしっぽとみみがついているため、かなりの破壊力をもっている。

 実はこの人の姿については自由に選べるらしい。
現在この姿なのは、俺がこういうのを好きだと感じたかららしいのだが……
お、俺は別にロリちゃうでっ!?
確かにかわいいとは思うし、おそいたくな……げふんげふん。
ま、まあいい。
俺たちは現在、道具屋で換金を終えたところだ。
換金結果は……
オークの棍棒が八十個で8000円。
オークの魔石が二十個で3000円。
オーガの剣が八十個で16000円。
オーガの魔石が二十個で5000円。
オークーガの魔石が四十個で20000円。
オークーガの大魔石が九個で9000円。
オークーガボスの魔石が一個で1000円。
合計62000円になった。

「ほっくほくだぜ。こんだけあればしばらくは持つかな? 少し豪華な宿に泊まっても大丈夫かも?」

「ほっくほくっ。ほっくほくっ。マスターマスター? ほっくほくとはお金があることなのだな? …宿とは何だ? 豪華という事はすごいのか!?」

「ほっくほくの意味はそれであってるよ。んで、宿ってのはお金を払って泊めてもらう場所だよ。安全に休息がとれるんだ。今お金が入ったから、今日は少し料金が高い宿にも泊まれるかな? ってことだよ」

「ほー、そうなのか……マスター、嬉しそうだが、豪華だと何か嬉しいのか?」

「まぁね。豪華な宿は、お金がかかるぶんだけ良いサービスが期待できるんだ。良いサービスってのは、ごはんがおいしかったり、ベッドがやわらかかったりだね」

「それはすごいなっ。今日はその豪華な宿に泊まるのだかな?」

「そのつもりだよ。んじゃさっそくいこうか? ついてきてくれ」

「我はマスターについて行くのみなのだ。精いっぱい仕えていくと決めたからこそ、マスターについてきたのだからな」

俺は、ライトをつれて街の中心へと向かった。




◇◇◇◇◇◇◇◇◇




「どこがいいかなぁ?」

 街の中心……宿場が集まっている場所で、俺はどこに泊まるか悩んでいた。
どこの宿も5、6000円で泊まれ、値段は悪くない。
しかし、今日は少し豪華な宿に泊まりたいと思っている俺としては、なんだか物足りない感じがしていた。

マスターマスター、あっちの方にキラキラした場所があるぞ? あれは豪華じゃないのか?」

 そう言ってライトが指さした場所は、確かにキラキラと輝いていた。
しかしそれは豪華などではなく……いわゆる大人なそういう感じの場所だった。

「あっちは違うよ。あれは宿は宿でも別の目的で入る宿なんだ。いわゆるその、エッチな目的で入る場所なんだ」

「え…っち? それはつまり、セックスするための店という事か!? 是非入ろうではないか!! 我はマスターにご奉仕したいぞ?」

「ぶっ! 今のお前は子供の姿なんだから、そういう事は言っちゃいけません!!」

「なぜだ? マスターにご奉仕すると言うのが、いけないことなのか?」

「いけなくはないけど、恥ずかしいことなんだよ。俺は羞恥心を持てって言ってるの」

「羞恥心…か、恥ずかしがった方がマスターは喜ぶのだな!?」

「ぶっ! それは言い方が悪いぞっ! まるで俺が変態みたいに聞こえるじゃないか!」

マスターは変態なのか?」

「いや違うっ! 断じて俺は変態ではないっ!!」

「ならばそういうこと・・・・・・はしたくないのか…? 我は少し寂しいぞ……」

「うー…あー……そんな顔をするなよ、別にお前の事が嫌いなわけじゃないから。むしろ…お前が良いなら…そのぉ……したい、ぞ?」

マスターっ!! そうならば遠慮する事はない! はやく行こうぞっ」

「え? いや、ははは……」

「どうしたのだマスター? 我にご奉仕させてくれるのではないのか?」

そう言ってライトは小首を傾げてはにかむ。

(あぁ! さっきからこいつは、いちいちこっちのツボに入る行動をっ!)

 考えてもみてほしい。
自分を慕ってくれる可愛い女の子が、自分にご奉仕させてくれと懇願してくる。
誰でも堕ちてしまうだろう。
しかし……

「その姿だと…さ? 犯罪な気がするんだよね? ははは」

「むむむ? マスターはこの姿が嫌いなのか? …好きだと思ったのだがなぁ……よしっ、少し待ってくれ、これで……」

そういうとライトの体が光に包まれる。

「どうじゃろうマスター?」

光が収まるとそこには、グラマラスな絶世の美女が立っていた。

「まぢ?」

マスターはこういうのも好きなのか。勉強になったぞよ」

「いやいやいや、何やってるんスかライトさん」

「?? この格好でもダメなのか? 我にご奉仕させてくれないのかえ?」

「くっ」

(俺は今日…獣になります。むしろならない方が失礼な気がしてきましたよ?)

マスター?」

そう言って首をかしげると、妖艶に唇を舐める。

(この姿なら、問題ないよな? な? 俺我慢しなくていいんだよな?)

「行くぞ、ライト!」

俺はライトの腕もつかむと、手近な場所にあるキラキラ輝くホテルに入る。

「部屋は……この一万円のところにしよう」

料金を入れる場所に一万円札を突っ込み、出てきた鍵を受け取る。

マスターよ、ひっぱらないでたもれ? 自分で歩ける故に…」

「あ、あぁすまない。部屋は三階だから、ついてきてくれ」

俺はライトの腕から手を離し、先を歩く。

マスターの御心のままにじゃ」

ライトはそう言うと俺の後ろをついてきた。

・・・
・・


部屋に入ると、そこには大きなベッドが一つあるだけだった。

「ベッドしかないのか?」

部屋を見回すが、シャワールームが見当たらない。
普通、こういう・・・・場所にはついているのが普通だと思うのだが?

マスターよ、ベッドのわきにボタンがついておるぞ?」

「本当だ、これを操作するのかな?」

 そこにはシャワー室やプールなどの絵が描かれており、ボタンの押すことでその場所への扉が開くようになっていた。

「んじゃま、とりあえず……シャワーを浴びようか?」

「一緒にかの?」

「い、いや、別々にだよ…」

「お楽しみは後でというわけじゃな? わかったのじゃ」

「ははは……んじゃまた後でね?」

そう言って俺は、右の扉に入る。

「きれいにしてくるのじゃ」

ライトは左の扉へと入って行った。

・・・
・・


「さてと、ライトはまだ出てきていないようだな?」

シャワーを浴び終わった俺は、バスローブに着替えてベッドに座った。

「うわー…緊張してきたぞ、なんてったって初めての経験だからな……」

 そう、リアルの俺はDTなのだ。
もちろん、こういうことは初めてである。

「どうやればいいんだ? ちゃんとできるだろうか?」

色々考えてしまい、頭の中がぐるぐるする。

「お待たせしたのじゃ、マスター?」

考え事をしていたら、いつの間にか目の前にバスローブ姿のライトがいた。

「お、お、おう。遅かったじゃないか?」

マスターのために、少々念入りに洗っておったからの? ……もしや、匂いがある方が好きだったりしたか?」

「いや、そういうわけじゃないんだけどね?」

「ふぅ…ならばよかったのじゃ」

ライトは安心したようにため息をつく。

「とりあえずこっちに座れよ」

俺は自分の横をたたき、座るように促す。

「横にならなくてよいのか?」

「いやさ? 実は俺、初めてだから緊張しているんだ……」

「そうなのか? なれば我に任せよ! 知識はあるでな?」

「いや、それはさすがにカッコ悪くない?」

「もともと今日の目的は、我がマスターに奉仕することなのだから、マスターはドンと構えておればよい」

「そうか? …ならまかせていいのかな? ……痛くするなよ?」

「うむ、任せるがよい」

そう言うと、ライトはバスローブを脱いで俺の前に膝まづいた。




◇◇◇◇◇◇◇◇◇




チュンチュンチュンチュン

 気がつくと朝になっていた。
昨日ライトの体を隅々まで堪能した俺の目覚めは心地よかった。

「すーすー」

 俺の横では、ライトが子供の姿で寝ている。
寝顔がとてもかわいい。

「やってしまった……」

あの後、何回かやっていてテンションの上がった俺は結局、ロリ姿のライトも食べてしまった。

「ゲームだから大丈夫…だよな?たぶん…」

まぁ同意の上だし、運営からの注意メッセージもないってことは、おそらく大丈夫なのだろう。

「それにしても、初体験がVRヴァーチャル…それもモンスターが相手ってのは、びっくりだぜ」

リアルはDTのままなので、実際に初体験と呼んでいいのかは不明だが。

「にしても…かわいい顔しやがって」

俺はライトの頭をなでる。

「みんな先のほうに行っちゃってるから、一人で攻略になると思ってたんだが……」

 ポイントを稼いでいる最中に出会った知り合いや、俺と一緒におじさんに誘われて参加している従妹などは、攻略組として上でがんばっているはずなのだ。
なので、追いつくまで俺は一人で行動しなければいけないと思っていた。

「今はこいつがいる……」

一人でいることが好きな俺だが、孤独が好きなわけではない。

「ついてきてくれてありがとうな? ライト」

 こいつに出会えたのは、本当に幸運だったのだろう。
俺はそのことをかみしめた。

「ランダムビジョンオンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く