ランダムビジョンオンライン

inten

クエストの報酬

「よかろう。報酬を受け取るが「待ってくれ、長よ!」どうした? ライトよ?」

俺に対してクエストの報酬を渡そうとしたフェンリルに、ハザードが待ったをかける。

「ランワードよ…今回の報酬だが、我にしてもらえないだろうか?」

そう言うと、俺に向かって頭を下げてくる。

「お前を指定しろってことか? ハザード?」

「その通りだ。長は我らにとってなくてはならない存在だ。ここからいなくなってはいけない存在なのだ」

「ふむ……それで?」

「我はそなたに絶対の忠誠を誓う。ゆえに、我をもらうことで納得してはくれまいか…?」

「……………」

「この通りだ……」

そう言うと、ハザードは地面に伏せる。
彼的には土下座のような感じだろうか?

「お前をもらうことに、俺にとってのメリットはあるのか?」

「あぁ! もちろんあるとも!! 我は進化できるのだ!!」

「進…化?」

「そうだ。進化だ。レベルアップではなく、存在そのもののランクアップだ!!」

「それがどうメリットになるんだ?」

「我もフェンリルになる可能性があるということだ!!」

「!? それは本当なのか?」

「あぁ、もちろんだ。我は現在ウルフ系の中では最弱のただのウルフだが、もう少しでウルフリーダーになれる。その後も経験を積めば、フェンリルより上の存在にまでなることが可能だ!」

「それは……すごいのか?」

「もちろんだ。フェンリルより上の存在など、神と同等の存在しかあり得ん。つまりは、将来的に神を支配下に置けるということだ! これはそなたにとっても、大きなメリットだと思うのだが…?」

「たしかにな。将来的に見れば、お前を選んだほうが良いのかもしれないな。……しかし、フェンリルは進化できないのか? 進化できるのならば、今は弱いお前よりも、最初から強いフェンリルを進化させた方が良い気がするが?」

「少年よ、それは無理だ。私の存在は神獣として固定されてしまっている。私はもう、何にもなれんのだよ……」

「ふむ…なるほどな。ならばハザード、お前を選んでもいいかもしれんな」

「本当か!? 我を選んでくれるのか!?」

 ハザードは顔を上げると、しっぽをものすごい勢いでフリフリする。
意外とかわいいじゃないか……これは癒しになるかも?

「俺に支配されるってことは、俺の言うことには絶対服従ってことだよな?」

「その通りだ……我はそなたに我のすべてをささげよう……そなたが望むならば、伽だってしようぞ!!」

「伽!? そんなんできるのか!?」

「無論だ! 実は我はこのように……人に変身ができるのだ」

そう言ったハザードは、とてもかわいらしい少女の姿になっていた。

「ま、まじか!? お前女の子だったのか!? 採用!! 採用です!! お前に決めた!!!」

「良いのだな!? では早速契約をしようぞ!!」

「わかった。どうすればいい?」

「こ、こほん。我、ライト・ハザードは、ランワード・フリーダムと支配の関係を結ぶ。ここに、我はすべてをランワードにささげることを誓い、契約の証しをもらわん……」

 そこまで言うと、無言で目をつぶり何かを待っているような体勢になる。
これはあれですか? キスしなきゃいけない感じですか?

「少年よ、はやくしてやれ」

「わ、わかった」

俺は決意を固め、ハザードにキスをする。

「ここに契約は完了した。末長くよろしくお願いしますね? 我が主マイマスター

「あぁ! よろしくな……ライト、でいいのか?」

「はい 主マスターお好きにお呼びください! むしろ、新しく名前を付けてください!!」

「えーっと? 名前を付けるの? 俺が?」

「はいマスター! よろしくお願いします!」

「わかった……考えておくよ。それまでは、ライトって呼ばせてもらうよ」

マスターの御心のままに……」

「それじゃ、今回の報酬はライトってことで良いのかな? フェンリル?」

「少年がそれでよいのならばな?」

「わかった。これで今度こそクエストクリアだ!」

『クエストを達成しました。隠し条件クリアを確認しました。経験値の精算を行います……』

 システム音声が流れ、クエスト完了画面が表示される。
今回のクエストで得た経験値が、すべてまとめて追加される。

『契約対象を確認しました。契約対象に自動的に経験値が振り分けられます……』

 再びシステム音声が流れ、画面に新しく俺以外にライトの名前が表示さる。
そして、ライトにも経験値があたえられる。

『進化条件を達成しました。ウルフリーダーに進化します……』
『進化条件を達成しました。ウルフクイーンに進化します……』
『進化条件を達成しました。フェンリルに進化します……』
『進化条件を達成しました。神狼に進化します……』

連続でシステム音声が流れ、ライトの体を光が包む。

「これが進化か? どんなふうになるんだ?」

光がおさまると、そこにはフェンリルよりも大きな狼が立っていた。

「ありがとうございます。マスターのおかげで、長を超えることができました」

「簡単すぎねぇ? ってか、こんなに早くていいのだろうか?」

 いくら今回の経験値の量が多かったとはいえ、こんなに簡単にフェンリルより上の存在になるとは思わなかった。
このゲームでレベルを上げるには、経験値を100ためる必要がある。
今回経験値は一万くらいだったので、俺のレベルも100くらい上がった。
このクエストはかなり経験値をもらえるものだったようだ。

 しかし、ライトはそれ以上上がったということだろうか?
レベルが鑑定で見えなくなっている。もしかすると、ライトがレベルアップするのに必要な経験値は、俺より低いのかも知れない。
もしくは、ボーナスなどがあったのだろうか?
隠しを達成したっていってたしな。

「我はもともと成長に補正をもっておりましたゆえ、レベルが上がりやすいのです」

「そうなのか? それで、どれくらい上がったんだ?」

「800程でしょうか? 我のレベルは現在、820です」

「うおぅっ、かなり上がったな。ビックリだぜ」

「進化は基本的に…一気にレベルが上がるか、経験値とは別の経験力をためるとおきます。今回の場合、一気にレベルが上がったことで進化できたのでしょう」

「なるほどね。一応は納得しておくよ」

「進化に関しては、我も完全には理解していないのです。気にするだけ無駄でしょう」

「わかった」

「それでは長よ、行ってまいります」

「気をつけるのだぞ?」

「はい……もちろんです。行きましょう? マスター

「りょーかい。んじゃま、次の街を目指しますか。これだけのレベルがあれば、楽勝でしょう」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ランワード・フリーダム:レベル115
HP:24800/24800
MP:10/18600
力 :2085
魔力:2085
体力:2085
精神:2085
運 :750

パッシブスキル
疾風迅雷(ON)
烈火怒涛(ON)
半神の目(ON)
隠密索敵スカウトレンジャー(ON)
覚醒(ON)

アクティブスキル
創造
ファイアボール
ウインドカッター
ウォーターボール
アースニードル

職業
全闘士オールラウンダー

ボーナスポイント:6645
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

俺は、次の街に向かって歩き出した。

「ランダムビジョンオンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く