ランダムビジョンオンライン

inten

ウルフのクエスト

「クロススラッシュ!」

「グガァ……」

俺はクロススラッシュでオーガを斬り倒す。

「ふぅ……これで三十体目か。目的のウルフはやっぱり見つからないけど、奥にはオークとオーガが出てくるんだな。おかげでレベルも上がったし、そろそろ宿に戻るか?」

 あの後森の奥へ奥へと進んでいった俺は、ウルフには出会わなかったがオークとオーガに遭遇した。
オークとオーガは必ずトリオでうろついており…今倒したオーガも、オーガ二体とオーク一体のトリオだった。
レベル差もあり、俺のレベルは現在15まで上がっていた。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ランワード・フリーダム:レベル15
HP:4800/4800
MP:1290/3600
力 :585
魔力:585
体力:585
精神:585
運 :750

パッシブスキル
疾風迅雷(ON)
烈火怒涛(ON)
半神の目(ON)
隠密索敵スカウトレンジャー(ON)
覚醒(ON)

アクティブスキル
創造
ファイアボール
ウインドカッター

職業
全闘士オールラウンダー

ボーナスポイント:95
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「でもなぁ……目的のウルフがまだ見つかってないし、もう少し奥に行ってみるか」

 現在時刻は13時30分。
宿には19時には帰りたいから、帰りの時間を考えると後2時間もうろつけないだろう。
しかし俺は時間を考えたうえで、もう少しウルフを探してみることにした。

・・・
・・


「ウルフ発見! …だが、様子がおかしいぞ? ……オークとオーガを相手に戦っている? 何でだ?」

前方にはウルフとオークとオーガが一体ずついて、ウルフがオークとオーガに向かっていっている。

「とりあえず…情報を見てみよう」

俺は、ウルフたちを続けてロックする。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
モンスター:ウルフ
レベル:15
一般的な狼で、素早い動きが特徴。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
モンスター:オーク
レベル:18
豚のモンスター。
知能は低いが、棍棒などの原始的な武器を扱う。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
モンスター:オーガ
レベル:20
鬼型のモンスター。
人から奪った剣などを扱う。
オークを従えていることがある。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「見たところ、別段変ったところはないが……? まぁいいや…とりあえず、レベルの高いオークとオーガを先に倒そう!」

そうと決めると、俺はオークとオーガに向かって突っ込んでいく。

「ウガァッ!」

「ガルゥッ!」

オークとオーガがこちらに気づき、咆哮を上げる。

「行くぜ! クロススラッシュ!」

走りながら「クロススラッシュ」を発動させ、すれ違いざまに近くにいるオークを攻撃する。

「ガアァ……」

オークが倒れ、光になって消える。

「ガルゥッ!」

オークを倒した俺をウルフより危険だと判断したのか、オーガが俺に向かって攻撃してくる。

「おっと…危ない」

俺はそれをバックステップで避ける。

「お返しだ! クロススラッシュ!」

オーガの攻撃後の隙をついて近づき、斬りつける。

「ガアァ……」

オーガは光になって消えた。

「さて、次は残りのウルフを……「助かったぞ、少年」は……?」

ウルフを倒そうと近づいた俺に、ウルフが話しかけてくる。

「今しゃべったのって、お前……?」

「その通りだ、少年。いやぁ、若いのにやるではないか」

「うっそーん……モンスターがしゃべるなんて聞いてないぞ?」

「何をきょどっているのだ少年? 我がしゃべるのがそんなにおかしいか?」

「いや、だってさ……モンスターでしょ、君?」

「その通りだが?」

「だったらおかしいでしょ……モンスターと会話できるなら、戦いにくくなるじゃん……?」

「?? ……確かに我はモンスターだが、今は冒険者との契約によりわが一族は森の守護者をしているのだが?」

「まぢで? ……さっきウルフリーダーを一匹倒しちゃったんだけど、もしかしてまずかった?」

「何!? その若さでウルフリーダーを倒した…だと!?」

「うん……倒しちゃった」

「ハハハハハッ! それは素晴らしい強さだな。むしろ良く勝てたとほめてやるぞ」

「そう? ……ならよかった」

「ふむ。……少年よ、その力を我らに貸してはもらえないか?」

「どういう意味?」

「とりあえずついてきてくれ。我らの主にあわせたいのでな?」

「うーん。……まぁいいや、わかった」

「ではこちらだ……」

俺はウルフについて行った。




◇◇◇◇◇◇◇◇◇




「よく来たな、少年……」

案内された場所にいたのは、たくさんのウルフとウルフリーダーにかこまれた、とても大きな狼だった。

「でかいな……10メートルくらいあるんじゃないか?」

俺はその大きな狼に対して、鑑定を使ってみる。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
モンスター:フェンリル
巨大な知恵をもった狼。
神獣と呼ばれる存在の一体であり、ウルフ系モンスターの長。
現在は森から街にモンスターが行かないように管理している。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「フェン……リルって確か、北欧神話の存在だよな……? このゲームでは、そういう扱いなのか……」

「いかにも……私がフェンリルだ。ここにいるウルフたちの長などをさせてもらっている」

「それで? 俺の力を貸してほしいって言われたんだが……?」

「いかにも……。私たちでは対処しきれないほどのオークとオーガがこの森へとやってきたのだ。その討伐を手伝ってほしいのだ……」

「確かに。オークとオーガのレベルは、俺をここに案内してくれたウルフよりも高かったからな……。そのうえ数でも劣っているなら、対処しきれないのもうなずける」

「そのとおりなのだ、少年。どうか、私たちに力を貸してはくれまいか?」

「うーん……」

「このままでは、街に被害を出してしまう恐れがあるのだ。……少年よ、このとおりだ……」

そう言うと、フェンリルは俺よりも大きいのにもかかわらず、俺より下に頭を下げる。

「報酬は何をくれるんだ? まぁ…街に被害を出さないためにも、協力するのはやぶさかじゃあない。…しかし、こういうときには何かをくれるのが普通だろ?」

ずうずうしいかもしれないが、これがクエストなのだとすると…報酬があるはずなのである。

「私たちの一族から一体、少年の眷属にしてもかまわない。……それではダメか?」

眷属……だと?

「それはつまり、俺がモンスターテイマーになるってことか?」

「いや、違う。あくまでも眷属だ。モンスターテイマーのような関係ではなく、完全なる従属だ。主と奴隷のようなものだな……」

「主と奴隷……ね。それは誰でもいいのか?」

「かまわない。私たちの中から、一番欲しいものを選んでくれたまえ……」

一番欲しいもの…か。
それだったら……

「俺は…フェンリル、あんたを指名したい」

「私……だと?」

「あぁ、そうだ。俺はあんたが欲しい……」

「フハハハッ! そうか! 私が欲しいと申すか!」

「あぁ。かまわないだろ? あんたたちの一族の中から好きなのを選べと言ったんだから…さ?」

「うむ! おもしろい……いいだろう。私たちの願いを聞き届けた暁には、この私自身を確かに受け渡そう……」

「契約成立だな?」

「あぁ! よろしく頼むぞ?」

「まかせておけ……」

俺は力強くうなずく。

『ポーン! クエスト「フェンリルの願い」が受諾されました』

システム音声が鳴り響き、クエストを受諾したというメッセージが頭に響く。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
クエスト:フェンリルの願い
森にいるオークとオーガ、およびオークーガを全滅させる。

討伐数
オーク:0/100
オーガ:0/100
オークーガ:0/50
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「それで? いつまでに達成すればいいんだ? 俺はこの後、一度街に戻って装備を整えたいんだが?」

「なるべく早い方がいいが……全滅させてくれるのならば、何日かかってもかまわない。だがまぁ…私を眷属にしたいのであれば、遅くとも三日以内には全滅させて見せてほしいがな……?」

「なるほど、三日以内だな? わかった」

「楽しみにさせてもらうぞ?」

「あぁ、楽しみにしておけ!」

そう宣言すると、俺は街に向かって歩き出した。

「ランダムビジョンオンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く