ランダムビジョンオンライン

inten

初クエストに向けて

「なんとか時間前に戻ってこれたな。これなら、ドロップアイテムを売りに行っても十分な余裕がある」

 現在時刻は18時30分。
俺は街に戻って来ていた。
幸い帰りにはモンスターと遭遇しなかった。
おかげでドロップアイテムを売る時間がゆっくりととれる。

「早速売りに行くか。いくらくらいになるだろう? 楽しみだ…」

さっそく、ドロップアイテムを売るために道具屋に向かう。

・・・
・・


「すいませーん、売りに来たんですがー?」

「はい、いらっしゃいませ……売却でございますね? なにをお売りいただけるのでしょう?」

「オークとオーガのドロップアイテムをお願いします……」

俺は机の上に、今日の成果であるドロップアイテムをひろげる。

「まずは、オークのドロップアイテムである、オークの棍棒を十個お願いします……」

・・・
・・


 今日の成果は全部合わせて、ぴったり6000円になった。
これで所持金は6900円である。
 内訳は、オークの棍棒が十個で1000円。
オークの魔石が五個で750円。
オーガの剣が十個で2000円。
オーガの魔石が五個で1250円。
ウルフリーダーからは、レアアイテムであるウルフリーダーの一式(ウルフリーダーのすべての素材がまとまったもの)がドロップしており、一つで1000円になった。

「まいどありがとうございました……」

店主に見送られて店の外に出る。

「倒した数は少ないのに、昨日よりも稼げたぜ。まぁ、ウルフリーダーから一式が手に入ったのはラッキーだったな」

一式系のドロップアイテムは、三十体に一回出れば良い方らしいので、かなりラッキーだったと言えるだろう。

「さてと、宿屋に向かうか……」

 現在時刻は18時45分。
このゲームでは19時ちょうどからが夜なので、夕方の時間は後少ししかない。
俺は急いで宿屋に向かった。

・・・
・・


「いらっしゃい。ずいぶん遅かったね?どこまで行ってきたんだい?」

宿屋に入ると、女将さんが出迎えてくれた。

「こんばんは……今日は西の森の奥まで行ってきました。約束通り、ちゃんと稼いで来ましたよ」

俺は女将さんに宿代の3000円を渡す。

「確かにいただいたよ。それじゃあ、昨日と同じ部屋を使っとくれ……」

女将さんはそう言うと、部屋の鍵を渡してくる。

「ありがとうございます」

「それで…どうする?もう夕飯は食べられるよ?」

「そうですね…お願いします」

「あいよ。少し待ってな?」

そう言うと、女将さんは夕飯を持ってきてくれた。

「今日はハンバーグだよ。ゆっくり味わいな」

「わかりました。それではさっそく……いただきまーす」

 一番最初は…やっぱりハンバーグだろう。
俺はハンバーグに手を付ける。

「うん、うまい。肉汁がじゅわじゅわだよ」

今まで食べたハンバーグの中で、一番うまいかもしれない。

「ゆっくり食べろって言われたけど、無理そうだわ……手がとまらないよ」

俺はゆっくりではなかったが、味わって食事を楽しんだ。

・・・
・・


「ごちそうさまでした」

両手をあわせて頭を軽く下げる。

「女将さん、食べ終わりました。ごちそうさまです」

「はいよ、お粗末さま。うまかったかい?」

「はいっ! それはもうっ! …今まで食べた中で一番かもしれません!」

「そうかいそうかい…それは良かった」

「ありがとうございました。それでは、部屋で休ませてもらいますね」

「あぁ、おやすみ」

「おやすみなさい」

俺は階段をのぼって部屋へと入る。

「さてと、風呂に入って寝るか……」

俺は風呂に入って疲れを流し、ベッドで横になる。

「寝る前のステータス確認っと……」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ランワード・フリーダム:レベル15
HP:4800/4800
MP:1230/3600
力 :585
魔力:585
体力:585
精神:585
運 :750

パッシブスキル
疾風迅雷(ON)
烈火怒涛(ON)
半神の目(ON)
隠密索敵スカウトレンジャー(ON)
覚醒(ON)

アクティブスキル
創造
ファイアボール
ウインドカッター

職業
全闘士オールラウンダー

ボーナスポイント:95
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「レベルは上がってないか……それじゃあ、寝る前に創造を使っておくか……MPは寝れば回復できるからな。クリエイト1230」

俺は創造を発動する。
今回創造で出来たのは、杖だった。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
杖:基礎魔法の杖
攻撃力:100
魔法攻撃力:200
防御力:50
魔法防御力:100
耐久値:1500/1500

アクティブスキル
ファイアボール(10)
ウインドカッター(10)
ウォーターボール(10)
アースニードル(10)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「魔法使いの基本装備ってところかな? 魔法の基本スキルが全部使えるみたいだ。ファイアボールとウインドカッターは覚えているから、無詠唱で使えるようになるな。これで明日からの狩りが楽になるぞ」

 魔法スキルは覚えていると、魔法を使うことができる。
杖についている場合も、魔法を使うことができるようになる。
両方そろっている場合、無詠唱で魔法を使うことができるようになる。
それと、基本スキルと呼ばれる魔法は、同時に複数発動することができる。
これにより俺は、MPの続く限り複数の魔法を連射できるようになったわけだ。

「どうせ5ポイントだし、ウォーターボールとアースニードルも覚えておくか? ポイントに余裕はあるわけだから……」

アクティブスキルの一覧から、ウォーターボールとアースニードルを選択する。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
魔法:ウォーターボール
敵一体を対象に、水の玉を発射する。
ごく稀に、対象の素早さを下げる。
威力100
必要MP10
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
魔法:アースニードル
敵一体を対象に、土の槍を発射する。
ごく稀に、対象の攻撃力を下げる。
威力100
必要MP10
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「これで完了っと。明日が楽しみだぜ!」

電気を消し、寝る。
こうして俺の冒険二日目は終了した。




◇◇◇◇◇◇◇◇◇




「ふぁ~ぁ…よく寝た」

 昨晩寝た時間は20時30分。
現在時刻が朝の6時30分なので、10時間寝た計算になる。
このゲームでは、寝るとHPとMPが回復する。
回復速度はともに、1時間で20%である。
つまり5時間寝れば全回復するわけである。
ゆえに…10時間も寝るのは非効率だと言えるかもしれないが、俺は一日10時間は寝ないと調子が出ない気がするほどに、寝るのが好きなのである。

「さて…顔を洗って、装備の確認だな」

洗面台で顔を洗う。

「今日は朝風呂はやめておくか」

昨日は朝風呂に入ったが、今日はやめておくことにする。

「さてと、装備の確認をしよう。昨日できた杖を、どこに装備するかを決めないとな……」

装備さえしていれば魔法は使うことができるので、どこに装備するか迷う。

「やっぱり左手か?それとも左腕?背中ってのもありだな……」

まだ右手と右腕以外の装備がそろっていないので、どこにでも装備できる故に悩む。

「…………決めたっ! 背中にしよう! これから左手には剣か盾を持ちたいし、左腕は見た目的にもう一つガトリングをつけるのが良いと思うし……なにより、背中なら剣を使っていても邪魔にならないしな」

 俺は、杖を背中に装備することに決める。
これにより、俺の装備は三つ目がうまった。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
武具
右手:ノーマルソード
左手:???
右腕:ノーマルガトリング
左腕:???
背中:基礎魔法の杖
右腰:???
左腰:???
右足:???
左足:???

防具
頭:???
盾:???
鎧:???
籠手:???
足具:???
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「考えてみると、俺ってまだ防具を装備してないんだよなぁ……金はあるんだから、買ってみるか?」

少し考える。

「まぁいっか。今のところダメージはくらわないんだから」

 昨日の戦闘で攻撃をくらっても、ダメージは受けなかった。
今日狩るのはオークとオーガの二種類がほとんどなのだから、買わなくても大丈夫だろう。

「さてと…朝食を食べて、さっそく狩りに行くか!」

俺はそう決めると、部屋から出た。

「ごちそうさまでした……」

「お粗末さま」

今日の朝食はスクランブルエッグとソーセージ、それにサラダとパンとスープだった。

「それじゃ、行ってきます」

「いってらっしゃい」

女将さんに挨拶すると、俺は宿から出る。

「さてと、初クエストがんばりますか!」

俺ははりきって森へと向かった。

「ランダムビジョンオンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く