ランダムビジョンオンライン

inten

初めてのお宿

「いらっしゃいませ」

道具屋に入ると、前に来たときとは違い、男の人が出てきた。

「あれ? ここって、お姉さんがやってなかった?」

「おぉ…妻にあったのですか。お客さんはラッキーですね」

「そうなんですか?」

「はい。妻は恥ずかしがりやでして、私が仕入れにいっている間しか接客しないのですよ」

「そうだったんですか」

「えぇ、そうなんです。……ところで、本日はどのようなご用件で?」

「まずは買い取りをお願いしたいんですが……」

そう言って俺は、アイテム画面をひらいて中からドロップアイテムを取り出す。

「まずはスライムジュースを百個頼む……」

「スライムジュースが百個ですね? 確認させていただきます……」

そう言うと、店主はモノクルのような物を取り出し、俺が机に出したスライムジュースを見始める。

「…………確かに。スライムジュースが百個ですね。一つ10円で買い取らせていただきます。百個なので1000円ですね……」

「わかりました、お願いします」

「かしこまりました。こちらが代金の1000円になります。お納めください……」

 そう言って店主は袋を渡してくる。
俺は店主から代金を受け取り、アイテム画面の所持金額が3200円に増えている事を確認する。

「確かに1000円いただきました。……それじゃあ次に、スライムの核を七十五個お願いします」

今度はスライムの核七十五個を机の上に出す。

「それでは、確認させていただきます」

店主は再びモノクルのような物を取り出し、スライムの核を見始める。

「…………スライムの核七十五個、確かに確認いたしました。代金は、一つあたり20円になります。七十五個なので、合計は1500円ですね。お受け取り下さい……」

 そう言って店主はまた袋を渡してくる。
俺はそれを受け取り、アイテム画面の所持金額が4700円になっているのを確認する。

「確かに1500円いただきました。ありがとうございます。…次はスライムの護符二十個の買い取りをお願いします」

そう言って、今度はスライムの護符二十個を机の上に出す。

「それでは、確認させていただきます……」

そう言って店主は、モノクルらしき物でスライムの護符を見始める。

「…………確かに、スライムの護符二十個ですね。一つあたり50円なので、二十個で1000円になります……」

そう言って店主は袋を渡してくる。

「ありがとうございます」

袋を受け取り、アイテム画面の所持金額が5700円になっていることを確認し、お礼を言う。

「ほかに買い取らせていただく物はこざいますか?」

「いえ、ありません」

「それでは、何かご入り用な物はございますか?」

「はい。MPポーションの十個セットをください」

「かしこまりました。少々お待ち下さい……」

そう言うと、店主は足下から箱を取り出してくる。

「こちらがMPポーションの十個セットになります。代金は1800円になります……」

「これでいいですか?」

俺はアイテム画面から1800円を出して、店主に渡す。

「はい、確かに。1800円いただきました……それではこちらが商品になります」

 そう言うと、店主は箱ごと渡してくる。
俺はアイテム画面で受け取る。

「ありがとうございました。ではまた」

「まいど、ありがとうございました……」

俺は店主の声を背中に店から出た。

「うぉっ、もう夕方なのか……」

俺が店から出ると、すでに外は夕暮れだった。

「宿屋に行って休むとするか。今からの狩りは危険だとおもうし、なにより腹がヘった……」

俺は宿屋に行くことにした。




◇◇◇◇◇◇◇◇◇




 宿屋では、食事と就寝ができる。
この街はこのゲーム最初の街なので、基本的なこの二つの機能しかないらしいが……上の階層に行くと、武器や防具の整備ができたりするらしい。
まぁ、このゲームでできた友人によればだが……

「とりあえず入るか……すみませーん」

俺は、この最初の街で一番安い宿屋に入る。

「いらっしゃい。うちに泊まるのかい?料金は、夕食と朝食がついて、3000円だよ」

「わかりました。これでお願いします……」

アイテム画面から3000円を取り出し、女将さん?に渡す。

「はいよ、確かに。……夕飯は18時30分から20時までだよ。朝食は6時から8時までだ。…それ以降は、別料金になるからね?そこんとこ気をつけな」

「わかりました」

「それじゃあこれが部屋の鍵だよ。部屋番号は202で、二階の部屋だよ。鍵は絶対になくさないでおくれよ?」

「はい」

「それじゃあ…何か用があったら声をかけておくれ」

「わかりました。それでは失礼します」

女将さん? に挨拶して、階段をのぼる。

「202…202は…っと」

一部屋ずつ番号を確認しながら二階の廊下を進む。

「あったあった。ここが202か。角部屋か……」

ドアを開け、中に入る。

「意外と広いな……風呂とトイレもあるし……ベッドが四つか、聞いていた通りだな。これなら3000円でも納得だぜ。むしろ安いんじゃないか?」

 このゲームの宿屋は、パーティーで利用するのが普通だ。
そのため、ベッドは推奨パーティー人数の四人分ある。
現実の宿屋の相場は知らないが、四人で3000円と考えれば、安い気と思う。

「現在時刻が19時だから、先に夕飯を食べよう」

そうと決まれば…さっそく階段をおりて、女将さん?に声をかける。

「すいませーん、夕食をいただきたいのですが……」

「夕食かい?適当な所に座って待ってな」

そう言うと女将さん?は奥の方に消えていく。

「誰もいないし、一人で丸テーブルを使わせてもらおう……」

俺は近くにある丸テーブルに座る。

・・・
・・


「待たせたね。これが今日のメニューだよ」

しばらく待っていると、女将さん?がプレートを持ってくる。

「ありがとうございます。……ところで、つかぬことをお聞きしますが、あなたはこの宿の女将さん……ですよね?」

「めずらしいことを聞くんだねぇ……そうだよ、私がこの宿の女将であっているよ」

「そうですか、ありがとうございます」

「いや、かまわないさ。…それじゃあ、食べ終わったら言っておくれ?片づけがあるからね」

そう言うと女将さん(確定)は定位置であるカウンターに座る。

「わかりました。……それじゃ、いただきますっと」

 夕食は洋食風だった。
何かのフライがメインで、サラダにパン、スープが付いている。

「うん、意外といけるな……」

 料理の味はおいしかった。
少し味がうすい気がしたが、十分許容範囲内だった。

・・・
・・


「ごちそうさまでした……女将さん、食べ終わりました」

食べ終わったので、女将さんを呼ぶ。

「はいよ、おそまつさま」

そう言って女将さんはプレートを持っていく。

「おいしかったです。ごちうそうさまでした……」

「あいよ、そりゃよかった」

「それでは、部屋で休ませてもらいますね」

「あいよ、おやすみね」

「はい、おやすみなさい」

俺は、挨拶をして部屋に戻った。

・・・
・・


「さて、寝る前にステータス画面を確認しておくか……」

風呂に入りすっきりした俺は、ステータス画面を開き今日の成果を確認する。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ランワード・フリーダム:レベル5
HP:2800/2800
MP:0/2100
力 :435
魔力:435
体力:435
精神:435
運 :750

パッシブスキル
疾風迅雷(ON)
烈火怒涛(ON)
半神の目(ON)
隠密索敵スカウトレンジャー(ON)
覚醒(ON)

アクティブスキル
創造

職業
全闘士オールラウンダー

ボーナスポイント:10
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「まずは、このボーナスポイントを何に振るか……だな」

10までたまったボーナスポイントを何に振るか考える。

「あえてためておくのもありだな。というより、ためてからのほうが考えやすいかもな……」

 俺はRPGだと、ボーナスポイントをためておく癖がある。
なんかもったいない気がするし、ポイントは一気に振ったほうが気持ちいいと思うのだ。
幸いステータスは高いので、ステータスに振ることはしばらくしないでいいと思う。

「となると、アクティブスキルだな……」

 パッシブスキルはすでに最強と言えるのが五つそろっているので、しばらく必要ない気がする。
なので、アクティブスキルを見てみる。

「とりあえず、基本のファイアボールにするか?それとも風のウインドカッターにするか?」

 ファイアボールもウインドカッターも、魔法の基本スキルである。
必要ポイントは両方5ポイントで、両方取ることもできる。

「悩むなぁ…………どうしよう?」

アクティブスキルの一覧を眺めながら考える。

「…………よしっ!両方取ってしまおう!」

俺は結局、ファイアボールとウインドカッターの両方をとることにする。

「まずは、ファイアボール選択っと……」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
魔法:ファイアボール
敵一体を対象に、炎の玉を発射する。
ごく稀に、対象をやけどにする。
威力100
必要MP10
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「続いてウインドカッターを選択……」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
魔法:ウインドカッター
敵一体を対象に、風の刃を発射する。
ごく稀に、対象を気絶させる。
威力100
必要MP10
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


「これでよしっと」

選択を終え、満足気にうなずく。

「さて、少し早いが寝るとしますか……」

 現在の時刻は20時30分。
昨日までは考えられない就寝時間だ。
というより、昨日まではあまり寝ている暇もなかった(一日に一回以上死んでいたためと、一回死ぬのに1時間ほどかかり、一回死ぬごとにゲーム内時間で12時間のペナルティがあったため)ので、何気に宿屋で寝るのは初めてである。

「今日から俺の冒険が始まるんだなぁ……一年遅れだけど」

この一年間を振り返る。

「すべてはあの時から始まったんだよなぁ……」

俺は…すべての始まりの日を思い出していた。

「ランダムビジョンオンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く