ランダムビジョンオンライン

inten

まずはスライムから

「さて…MPが1000まで回復したわけだが、もう一度「創造」使ってみるか?」

 俺は少し悩む。
武器を二つも手に入れたのだから、これでとりあえずやめておいて、モンスターを狩りに行くか?
それとも、もう一回「創造」を使って、良いものができるのに期待するか?

「悩むなぁ……どうしようか? うーん……」

俺はその場にたたずみ、首をひねって言うねる。

「さっきの買い物でお金も200円になっちゃったし、やっぱり狩りに行くか!」

俺は狩りに行くことを決める。

「そうと決まれば話は早い。まずはスライムから狩りに行こう!」

俺はそう決めると、スライムがいる東の草原に向かった。




◇◇◇◇◇◇◇◇◇




「さて、東の草原に来たわけだが……」

俺は草原を見渡す。

「やはり、もうここで狩りをしている人は誰もいないなぁ……」

俺の周りには草原が広がり、ところどころにモンスターであるスライムがいるだけで、人の気配はひとつもない。

「なにせ、一年もたってるわけだからなぁ……ここまで長かったぜ」

 俺はしみじみと昔(一年前)を思い出す。
あの時……「課金してでもほしいものは何か?」と聞かれたときに、俺は「転生回数を無限にしてほしい」と答えた。
 ゲームのテスターひとりひとりに一つだけ与えられる特権を、俺は転生回数の無限にした。
最初は最強キャラクターを作るという目的ではなく、死んだ回数が十回を超えるとリセットされると聞いたから、それが嫌で選んだだけだったのだが……

「やはり、転生回数無限はチートだったな。こんなキャラを作れたんだし……あの時の俺、よくやった」

俺はうんうんとうなずく。

「さてと、さっそく狩りをしますか! …ライトセット!」

俺は右手にノーマルソードを装備して、いちばん近いところにいるスライムめがけてかけだす。

「うおぉーーーーーーーーー! スラッシュ!!」

 スライムが攻撃範囲に入った瞬間、俺はノーマルソードについているアクティブスキルのスラッシュを発動する。
俺のMPが少し(10)減り、ノーマルソードが輝く。

「ハッ!!」

俺はそのままノーマルソードを振りぬき、スライムを斬り裂く。

「うきゅー」

すると、スライムは悲鳴?をあげて光になって消える。

「すごっ! 一撃かよ……」

俺は一撃で倒せたことに少し驚く。

「まぁ、この能力値だし……これが当たり前かな?」

俺はノーマルソードをひと振りして、スライムを斬った感触を思い出す。

「これならレベルもすぐに上がるだろう。しばらくは夢中になってもいいかな? 結構気持ちいいし(斬った感触が)」

そうと決まれば……と、次のスライムに向かう。

「うおぉーーーーー! やっほーーーーーーい!」

俺は次々にスライムを斬っていく。

「スラッシュ! スラッシュ! スラーッシュ!」

「うきゅ」「うきゅー」「うきゅっ」

まとまっていたスライム三匹を斬り倒す。

「スラッシュ! スラッシュ! スラッシュ! スラッシュ! スラーッシュ!!」

「うきゅ」「うきゅー」「うきゅっ」「うきゅー」「うぎゅっ」

走りながらスラッシュを発動し、目に入ったスライムを次々斬り裂いていく。

「スラッシュ! スラッシュ! スラッシュ! スラッシュ! スラッシュ! スラッシュ! スラッシュ! スラッシュ! スラッシュ! スラッシュ! スラッシュ! スラッシュ! スラッシュ! スラッシュ! スラッシュ! スラッシュ!」

「うきゅー」「うきゅっ」「うきゅう」「うきゅ」「うぎゅ」「うきゅー」「うきゅっ」「うきゅう」「うきゅ」「うぎゅ」「うきゅー」「うきゅっ」「うきゅう」「うきゅ」「うぎゅ」「うきゅーう」

「スラッシュ! スラッシュ! スラッシュ! スラッシュ! スラッシュ! スラッシュ! スラッシュ! スラッシュ! スラッシュ! スラッシュ! スラッシュ! スラッシュ! スラッシュ! スラッシュ! スラッシュ! スラッシュ!」

*しばらくお待ちください*

・・・
・・


「スラーッシュ! ってあれ? 発動しない……」

もう何回スライムを倒したか覚えていないが、なぜかスラッシュが発動できなくなっている。

「なんでだ? ……まさか、もうMP切れ?」

俺はステータスを確認してみる。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ランワード・フリーダム:レベル5
HP:2800/2800
MP:0/2100
力 :435
魔力:435
体力:435
精神:435
運 :750

パッシブスキル
疾風迅雷(ON)
烈火怒涛(ON)
半神の目(ON)
隠密索敵スカウトレンジャー(ON)
覚醒(ON)

アクティブスキル
創造

職業
全闘士オールラウンダー

ボーナスポイント:9
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「レベルが5になってる……」

 俺は少し驚く。
かなりの数のスライムを狩っていたようだ。

「よく見ると、まわりにスライムがいなくなってるし……隠密索敵スカウトレンジャーでわかる100メートル以内には、何もいないようだ……少し気持ち悪いな、これがMPが切れた時の症状か?」

さて、どうしよう? 一度街に戻ろうか?

「その前に、ドロップアイテムを確認してみるか……」

 俺は、ステータス画面からアイテム画面にスクロールする。
そこには…スライムジュースやスライムの核、スライムの護符などがたくさん入っていた。

「お金も増えてるし、これでまたポーションが買える」

俺の手持ちは、200円から2200円まで増えていた。

「とりあえず、道具屋に向かうか……」

俺は、道具屋に向かって歩き出した。

「ランダムビジョンオンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く