ランダムビジョンオンライン

inten

職業を選ぼう

「さて、どうしようか……」

 無事にキャラメイクを終え、最初の街の広場にやってきた俺は、これからどうするかを考える。

「やはり最初はスキルの確認かな?」

 自分の能力を知っておくことは、とても重要なことだと思う。
俺は早速、ステータス画面を開く。
現在の俺の能力は……

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ランワード・フリーダム:レベル1
HP:1000(2000)/1000(2000)
MP:1000(1500)/1000(1500)
力 :250(375)
魔力:250(375)
体力:250(375)
精神:250(375)
運 :500(750)

パッシブスキル
疾風迅雷(OFF)
烈火怒涛(OFF)
半神の目(OFF)
隠密索敵スカウトレンジャー(OFF)
覚醒(OFF)

アクティブスキル
創造

職業
なし
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「とりあえず、パッシブスキルをONにするか……」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ランワード・フリーダム:レベル1
HP:2000/2000
MP:1500/1500
力 :375
魔力:375
体力:375
精神:375
運 :750

パッシブスキル
疾風迅雷(ON)
烈火怒涛(ON)
半神の目(ON)
隠密索敵スカウトレンジャー(ON)
覚醒(ON)

アクティブスキル
創造

職業
なし
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「これでよしっと」

 さて、次はどうしようか?
やはり職業を取りに行くのがいいか?
それとも、早速レベル上げに行こうか?

「やはり職業を取りに行くのが先…か」

そうと決まれば、早速職業神殿へと向かうことにしよう。

・・・
・・


「すいませーん、職業を選びに来たんですが……」

「はい、いらっしゃいませ。こちらへどうぞ」

「あ、はい。よろしくお願いします」

「では、こちらの本の中より最適なものが選ばれますので、手に取ってみてください」

「わかりました」

 俺は、言われたとおりに本を両手で持つ。
すると、本が光りだした。

「うわっ、なんか輝いてるんですけど!?」

「大丈夫です。それが正常な動作ですので……光がおさまるまで、そのまま十秒程度お待ちください」

「わかりました」

 俺は、言われたとおりにそのまま本を持ち続ける。
すると……

「おぉ、おさまった」

 神官さんが言った通り、十秒ほどで光がおさまる。
光がおさまった本には、職業:全闘士オールラウンダーと書かれている。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
全闘士オールラウンダー:レア度4
すべての能力が高い者のみがなれる職業。
すべての武器を扱うことができる。
魔法の扱いにも適性があり、まさしくオールラウンダーの名に恥じない闘い方ができる。
装備できる武器の数が多く、多彩な闘い方ができる。
すべての武器の適性に+3
魔法適性+3
全属性+5
全耐性+5

職業スキル
武器変更ウエポンチェンジ
通常攻撃強化ウエポンブースト
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

全闘士オールラウンダー……これが俺がなるべき職業なのか……」

「そのようですね。おめでとうございます。かなりレアな職業ですよ?」

「そうなんですか?」

「えぇ。職業レア度4です。上から二番目ですよ。すごいですね」

「ありがとうございます」

「では、これで職業の選択を終わります。お疲れさまでした」

「あ、はい。ありがとうございました」

俺はお礼を言って、神殿から出た。

「ランダムビジョンオンライン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く