世界最低で最高の魔法陣 〜一匹狼だった私の周りはいつの間にか仲間ができてました〜

春夏秋冬

13

アレン「だめだ!」

シハーブ「あの、この状況わかってんすか?」

リュシオン「おい、」

シハーブ「だって今すぐ助けねーと死ぬ可能性あんだろ、だったら今すぐに行かねーと」

アレン「間違ってはないよ、その考え。でも、ブラックギルドが関わっているとわかった以上学生の身分である君たちにこの依頼を続けさせる訳にはいかないよ」

アレンの言うことは間違っていることではない、ただここまできたら誰だって最後までやりたいと思うのも人間の心理だ

ティアナ「でも、今から王都に戻って近衛軍を出すの?時間がかかり過ぎる」

アレン「だからって危険な場所に行ってらっしゃいって送り出せないよ」

ティアナ「だから私だけ行く」

アレン「それじゃなんの解決にもならないよ」

ティアナ「……」

アレン「言いたいことはわかるけど…やっぱり君たち皆王都につれてかえらないとね」 

ティアナ「立場的にも…ね」

アレン「ティナそういうことじゃ」

ティアナ「だったら彼らだけ連れて帰って、私は、行く」

アレン「〜〜〜〜わかったよ、」

レーヴ「本当ですか!?」

アレン「うわっ、」

シハーブ「よしっ準備すっか」

アレン「えっ?君たちも行くかい?」

リュシオン「えぇ、ここまで来たら行くしかないですから」

シエル「それにこのバカ二人を見てないといけないので」

アニモ「それどー言うこと?」

シエル「あーほら、早く準備しないとおいてくよ?」

アニモ「ちょっぐらかすな!」

アレン「楽しそうだね〜今から起こることわかってんかな」

ティアナ「兄さんも何年か前まで同じ顔してた」

アレン「そうだっけ?忘れたなぁ」

ティアナ「まあどうでもいいけど」

アレン「そうそうティナ、行くのはいいけど条件がいくつかつくよ?」

ティアナ「だと思った、条件って何?」

アレン「それは、終わってからのお楽しみ〜」

全然楽しくないわ、兄さん

***


ティアナ「こんにちは町長ギリアムさん」

ギリアム「何故貴方がここに」

ティアナ「お話しましたよね、依頼でウィングまで行くって」

ギリアム「そうですが、」

ティアナ「ウィングからの依頼は行方の分からなくなっている魔物の居場所を突き止めること、そして魔物の様子を調査することです」


ギリアム「だとしたら、ここに来る理由など」

ティナア「簡単です。ここに来れば魔物の居場所を突き止めることができるからです」


シエル「言い逃れはできないと思うのですが?」

「世界最低で最高の魔法陣 〜一匹狼だった私の周りはいつの間にか仲間ができてました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く