世界最低で最高の魔法陣 〜一匹狼だった私の周りはいつの間にか仲間ができてました〜

春夏秋冬

11

「とりあえず、もっと情報を集めれば「あっ!わかった」」

「「「「はっ?」」」」

シハーブ「お前、簡単にわかったとか言うなよ?」

レーヴ「わかったよ、全部説明する」

ティアナ「聞きましょうか?貴方の出した今回の依頼の裏、を」

シエル「ティアナ、!」

レーヴ「ああ、まずはじめに依頼は頼まなかったんじゃなくて頼めなかった、多分それは魔法具の進みが早いのに関わってるんだ」

アニモ「つまりこの街とウィングは交流があるってこと?」

レーヴ「ああ、多分魔獣が行方不明になっているのはウイングの魔獣と魔道士を使って実験をしているからだ」

アニモ「実験!?なんで!?」

レーヴ「街を発展させたかったんだろ、でもあまりにも性能が良すぎたためにこれ以上の被害を出したくないと思ったんだろ」

シハーブ「おいレーヴ、そもそもなんで実験なんてしたんだ?一緒に暮らしてたんんろ?」

レーヴ「多分、村が持たなくなったんだろ。魔獣と暮らしていると言うことだけでは人は住まない、村の住民の減少だ」

アニモ「それでなんで実験になるのよっ」

レーヴ「何らかの条件を出されたんだろ、村の発展につながる。その条件を飲んだかなかなか実行に移してはくれなかっただからこれ以上の協力は無理だと言ったんだろ」

シエル「でも、それが聞く相手ではなかったってことね」

レーヴ「そこで村長はギルドに依頼をしようとしたが、魔法具の実験でブラックギルドが関わってることから魔法学校アールにしたんだろ、それだとバレないと思った」

シエル「でも、結局はバレてしまったと」

アニモ「馬鹿ね〜やるならもっと徹底的に隠せばいいのに」

シエル「アニモ〜〜〜」

アニモ「わーーごめんって」

アレン「いやーお見事だね、まさかアールにこんな優秀な生徒がいるなんて将来安定だ!」

ティアナ「兄さん?ふざけないの!!」

アレン「ふざけてないよ?…でももうひと押し足りないな、これが依頼の隠されている全てではない」

リュシオン「まだ、あるんですか…」

アレン「うん、でも時間が無いからティナが説明するよ」

ティアナ「何を勝手に……」

アレン「でも、明日には出発しないといけないだろ?」

ティアナ「はぁ……ほんとに勝手。じゃあ取りあえず説明するわ、大体はレーヴの言うとおりよ でも、それじゃ何故人まで行方不明なのか説明できないでしょう?」

「!!!!」


「世界最低で最高の魔法陣 〜一匹狼だった私の周りはいつの間にか仲間ができてました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く