世界最低で最高の魔法陣 〜一匹狼だった私の周りはいつの間にか仲間ができてました〜

春夏秋冬

6

シエル 「じゃあこの宿で決まりね」

レーヴ 「以外にしたにすんなり決まったな」

リュシオン 「ああ、まだ明るいしちょっと街見てみるか」

アニモ 「さんせーぃ」

ティアナ 「私はいい」

シエル 「えっでもせっかくだし…」

ティアナ 「寄りたいとこあるから」

「じゃあ」と言ってティアナはまちなかへ

***

レーヴ 「待って」

ティアナ 「!あなたレーヴ?何かしら」

レーヴ 「用事付き合うよどうせ暇だしね」

ティアナ 「けっこう」

レーヴ 「何故人を避ける?何故関わりあおうとしない」

ティアナ 「…人は必ず死ぬ。でも必ずしも誰かに見守られて死ぬんじゃないこれ以上私のせいで人を殺したくない。」

レーヴ 「これ以上って」

ティアナ 「もういいでしょ?私ほんとに用事だから」

レーヴ 「だから付き合うって」

***


アニモ 「うわっきれー!」

シハーブ 「おい!この魔法具すげーぞ」

リュシオン「二人共落ち着け」

シエル 「二人共落ち着いて」

アニモ 「はーい」

シハーブ 「オー」

シエル·リュシオン 「「落ち着いてない!」」

リュシオン 「そういえば珍しいねレーヴが女子に興味持つなんて」

シエル 「確かに、気になったんじゃない?

ティアナの事、なんか不思議な感じがするよねあの子」

リュシオン 「うん何かを抱えてるよね」

シエル 「その何かがきっと彼女が人を寄せつけない空気を放ってる」

リュシオン 「でも気になるよね本当の姿」

シエル 「だからねまた機会があれば依頼ク
エストを一緒にやってみたいなって?」

リュシオン 「ははっアニモが嫌がるんじゃない?」
シエル 「そうだねでもリュシオンはやりたくない?」

リュシオン 「やりたいかも」 

シエル 「ふふっきっとレーヴもやりたいって言うよね」

魔法具に興奮して全く話を聞いていない二人はなにも知る予知がない…。

***


アレン 「では言ってきます」

「ああ、気をつけて言ってこいアレン」

アレン 「はい、父上」

(ウィング…何か大事な事を隠している気がする。ティナ達が無事でいてくれれば良いが)

アレン 「待ってろよティナ」

***

そんな兄の心配も知らないティアナは

ティアナ 「ほんとについてきてるし」

レーヴ 「だって気になるじゃん、何していくか」

ティアナ 「大したことじゃないよちょっと街の町さんに会いたいだけよ」

レーヴ 「えっどうして」

ティアナ 「ウィングははこの街の管理の元にあるなのに被害がウィングだけしかないっておかしいと思わない」

レーヴ 「でも魔物達はこの街にはいないんじゃ…」

ティアナ 「そういないんだよ。でもここの魔法具の特徴は魔物に対する防御や攻撃、魔物が全くいないのに完璧に作られているそこが気になるんだ」

レーヴ 「なるほど、確かに気にならなくもないな」 

ティアナ 「だから聞きに行くの」

レーヴ 「なるほどね流石だよ」

ティアナ 「……何が流石なのよ」

レーヴ 「ん〜観察力…かなー」

ティアナ 「そんなの自然と見につくでしょほらついたわ」

レーヴ 「了解」




「世界最低で最高の魔法陣 〜一匹狼だった私の周りはいつの間にか仲間ができてました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く