世界最低で最高の魔法陣 〜一匹狼だった私の周りはいつの間にか仲間ができてました〜

春夏秋冬

5

『サナール』それは世界で一番魔法具の発展が進んでいるとされる。魔法具だけで言えば一番進んでいると言えるであろう。ただ魔法具に頼りすぎて魔法具の製作が追いついていないと言う現実でもある

アニモ 「着いたー!宿どうする?」

ティアナ 「手当たり次第に聞くしかないでしょ」

レーヴ 「まぁこのメンバーだし二部屋でいいんじゃない?」

アニモ 「はぁ?レーヴ、あんた何言ってんの?なんで私達がこいつと一緒なの?」

レーヴ 「学生だし、少しは仲良くなったほうがいいんじゃない?」

ティアナ 「…部屋割なんてどうでもいいでしょ寝るだけだし」

アニモ 「なっ私があんたと嫌だって言ってんの!レーヴあんたがこいつと一緒に寝なさいよ!」

レーヴ 「俺男だしそれは流石にまずいでしょ」

ティアナ 「…別にかまわないけど寝るだけだし、関係なくない?寝るメンバーとか」

アニモ 「………気にしなさいよ!」

シエル 「アニモ!あなたがいったんでしょうが!」

シハーブ 「アニモお前また馬鹿にたなったのか」

アニモ 「うっさいシハーブだけにはいわれたくない」

リュシオン 「ホントのことだろ?」

アニモ 「リュシオンまで!?」

レーヴ 「どうでもいいけど俺らおいてかれ
てるよ?ティアナに」

アニモ 「あっ少しぐらい待ちなさいよ!」

ティアナ 「騒がしいな…」

*** 

その頃魔法学校アールでは…

アレン 「時に理事長、なぜこの依頼をティナ達に?ティナ一人でもできたはずですが」
理事長 「私はな?これを気に人を信頼してほしいと思ってな?全員じゃなくていい一人でもいいそろそろ頃だと思ってな」

アレン 「それもそうですね。ですが少々強引では?」

理事長 「ハッハッハ少しは強引なくらいがあの子にはちょうどいいだろ?」

アレン 「…はぁ王女であるティナをこんな扱いできるのはあなただけですよ理事長。」

理事長 「ところでこんな話をするためにわざわざ来たのかな?アレン」

アレン 「大切な妹ですから」

理事長 「そうは思えんなぁ。だったら俺を呼び出せばいいだろ?」

アレン 「はぁあなたには頭が上がらないな…ウィングで奇妙な事が起こっているらしいのです。」

理事長 「奇妙な事?」

アレン 「はいきっとそれは今回のことに関係しています」

理事長 「奇妙な事とは…」

アレン 「魔物だけではなく村人まで行方がわからなくなっているそうですそれも魔力を持つ人だけなんです」

理事長 「そんなこと依頼書には書いてなかったが…」

アレン 「それが不安なんです。何故緊急的な事態なのにそれを依頼書に書かないのか、この状況ならもっと有名なギルドや魔導師に頼んだほうが確実なはず」

理事長 「…危険だな。まだウィングにはついていないか、今から行けば追いつくな…」

アレン 「それで私が行こうと思っています。なのでこの依頼の情報を近衛軍に渡してほしいんです。お願いできますか?」

理事長 「アレンお前が行くのか?」

アレン 「はいティナが心配なので…」

理事長 「どーだかな?まぁいいだろすぐに準備しよう」

アレン 「感謝します」

「世界最低で最高の魔法陣 〜一匹狼だった私の周りはいつの間にか仲間ができてました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く