世界最低で最高の魔法陣 〜一匹狼だった私の周りはいつの間にか仲間ができてました〜

春夏秋冬

4

アニモ「やっと来たよ。ちょっと来るのが遅いんじゃないの?王女様」
(やたらムカつく言い方だな)
ティアナ「私は時間通りに来た」
シエル「そー言う言い方しないの!リファベルトさんは時間通りに来たんだから!ごめんなさい」
ティアナ「かまわないだいたいの性格はわかってきたから。それとリファベルトさんはやめて嫌いなのその言い方」
シエル「あっごめんなさい。」
ティアナ「全員揃っている?出発するわよ」
「「「「「了解」」」」」

***
シハーブ「ウィングってどのへんにあんだ?」
アニモ「シハーブ?あんたちゃんと調べて来なさいよ」
リュシオン「そう言ってるアニモはどうなんだ?」
アニモ「うっ」
レーヴ「ウィングは王都リファベルトの西の方にあるよ。まぁかなり危険な魔物達がいるらしいけどね」
アニモ「さすがレーヴ!」
ティアナ「…頭がいいだけで魔力や攻撃力はそこまでない」
シエル「そうなの?」
ティアナ「…もともと空を飛ぶから闘い難いだけでそこまで危険な魔物じゃない」
シエル「行ったことあるの?」
ティアナ「一度だけ仕事で……それより一日でつく距離じゃないから途中のサナールって街に寄って行くから」
リュシオン「分かった。それはそうとこの辺空気悪くないかな?」
シハーブ「えっ?リュシオン、俺感じないけど…」
リュシオン「えっそう?」
ティアナ「レヴォリュシオン、貴方は空間魔法を使うから空気、専門的に言うと空間周波数に敏感になってる」
リュシオン「空間周波数」
シハーブ「ってなんだ?」
ティアナ「空間周波数っていうのは動物が動いた時の音、魔法をだしたときの空間変化が合わさりあって淀んた空間の事よ」
シエル「それは私の植物魔法にも関係しているの?」
ティアナ「してないと言えばわかるのですしてないけど…空間が悪ければ育ちが悪いから魔法のスピードは落ちるわね」
シエル「なるほど…」
ティアナ「さぁ、もうすぐサナールに着くわ」
リュシオン「着いたら宿探しだな、まず」
シエル「そうね」
アニモ「宿見っけたら街を見てみない?」
シハーブ「おったまにはまともなこと言うね?アニモ」
アニモ「ちょっとシハーブ!たまにはって何よ!たまにはって」
リュシオン「ホントのことなんじゃない?」
アニモ「リュシオンまで…」

***


「世界最低で最高の魔法陣 〜一匹狼だった私の周りはいつの間にか仲間ができてました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く