世界最低で最高の魔法陣 〜一匹狼だった私の周りはいつの間にか仲間ができてました〜

春夏秋冬

3

「それでは改めて自己紹介をしようか?
レーヴ君、君からだ」

「レーヴ·ラハール。魔法剣士をしている両手剣だ」

「伯爵家の人間ね」

「ああ…そうなるね。でも気にしてないよ家を継ぐわけでもないしね」

「そう…なら次どうぞ」

「シハーブ・オルゲナアル。俺も魔法剣士をしてる片手剣だ」

「子爵家の跡とりね」

「まっそうなるな」

「次は俺いいかな?レヴォリュシオン・カーエリオ。治癒魔法と空間魔法と使う伯爵家跡取りだよ」

「空間魔法ねぇ?珍しいわね」

「よく言われるけど基本的に戦闘はサポート約だからさほど不便じゃないよ」

「次」

「アニモ・イルガン男。爵家令嬢魔法剣士。ろくに戦闘したことないような人には負ける気ないから。」

「ちょっとアニモ!」

「ふんっ」

「はぁごめんなさい。私はシエル・リヒトリューチェご存知かと思いますが公爵家の第一令嬢です。植物魔法を使います。どうぞよろしくね」

「では、次はティアナお前の番だ」

「はぁ…ティアナ・リファベルト。魔法陣魔導師でこの国の第一王女以上」

「よしっこれで自己紹介も済んだし依頼を確認するぞ。依頼内容は最近様子がおかしい魔物達の調査と行方がわからなくなっている魔物達の居場所だ」

「居場所を突き止めて原因を探ればいんでしょう?」

「ああ、できればもとのようにするのが理想だが…難しそうなら結果をギルドに持ち込みギルドに託すしかないな」

「分かった。できるだけやってみる」

「よしっ。それとティアナ今回の依頼はお前が指揮を取れ」

「…分かった」

***

「出発は2日後西の門ヘ11時に出発するわ」

「ああ分かった」





「世界最低で最高の魔法陣 〜一匹狼だった私の周りはいつの間にか仲間ができてました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー211172

    初めまして!アリスと手紙から来ました
    設定結構凝っていて良いと思います◎

    1つだけ分からないことがあるのですが、エピソード2に出てきたカレンはどこに行ったのでしょうか…?

    0
コメントを書く