世界最低で最高の魔法陣 〜一匹狼だった私の周りはいつの間にか仲間ができてました〜

春夏秋冬

1

ここは王都リファベルト世界最大都市。
その中央区に王城が建っている。そこからはるか東ヘ建つ魔法学校アールは10歳から18歳までの少年少女が8年に渡り魔法を学ぶ場所。そんな中彼女ティアナは第5学年15歳になっていた。

「えー今日は魔力について…」

「……くだらない」ガタンッ

「ちょっまだ授業は始まったばかりですよ!」

「くだらないこんなお子様でも分かるような授業やる意味があるの?」

「なっ、」

「こんな授業受けるくらいなら自主連したほうがまし」

「何それー」「王女だからって好き勝手しすぎじゃないー?」


***

「簡単すぎでしょ」

そう彼女には簡単すぎるのだ幼き頃から魔術を学び続けて既に世界最大級の魔法を使うティアナには……
魔法学校アールには2つのコースがある1つ目は騎士科そしてもう1つは魔術科。魔術科には攻撃魔法と治癒魔法の2つがある。全ての魔法において彼女はSランクの称号を持つ魔導師である。

しかし、彼女はその人並外れた魔力のせいで人に怖がられている。そのため彼女は人に壁を作ってしまっていた。

「はぁ…帰ろっかな…」

***

「「おかえりなさいませ」」

「おかえりティアナ」

「…ただいまアレンお兄様」

「学校はどうした?」

「……どうでもいいでしょ、それよりお兄様が家いるなんてどうしたの?」

近衛軍隊長をしているアレンが家いる事は滅多にない。

「うん。父上に呼ばれていてねまぁもう用事は終わったんだが…どうだ?久しぶりに手あわせでもしてみるか?」

「ん〜今日はやめておくわそうゆう気分じゃないや」

あれから9年もうすぐお母様の命日がある。生前王妃レールはこう言った

【ティアナ?人は間違いを起こすことがある。そして自分の魔力で人を不幸にすることがある。貴方は魔力を持っている。でもそれで人を悲しませることをしてはだめよ?何があっても絶対に、…】

トントントンっ

「どーぞ」
3回のノックは家族、親しいものを意味する。

「ティアナさっき魔法学校アールの理事長から使いが来たよ」

「えっ…やな予感がする」

「明日、理事長室に来てほしいそうだ。なんだか依頼があるみたいだよ。」

「はぁ…分かった」

(やな予感がするなぁ)

「世界最低で最高の魔法陣 〜一匹狼だった私の周りはいつの間にか仲間ができてました〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く