ゼロからは始めないチーター生活

チャカギ高木

5話メルそんなに身分高かったの?!

こういう成り行きで俺はメルの家に行くことになった。
メルの後を追い続け十数分経った辺りから、
だんだん周りの家がなんとなくだが豪華になっていくのを感じてきた。
そしてそこからさらに数分、ユーリス王国の中心に建つ
それはもうなんとも馬鹿でかい城に着いた。

「え?ここが家?」

「ん?そうよ?」

「あ〜言い忘れていたのです。 
私はこのユーリス王国国王ザンゲス、王女マユイルの一人娘にして
次期王女となる者なのです!」

これは驚いた。

まさかこっちの世界に来て早々にこんな高い身分の人の家に行く程になるとは…

少なくとも食に辿り着かずに餓死するのだけは避けたようだ。

ラッキーラッキー!

「メルさんがそんななご身分のお高い方だったとは知らず、
気安く話してしまいすみませんでした!」

「ユウタさんそんなに固くならなくてもいいですよ!
年も見た感じ近そうですし、お互い気を使わずにいきましょう!」

「それではお言葉に甘えさせて頂きます。」
「メル!」

「ユウタ!」

このやり取りがあった後、二人は城の中へと入っていった。








「ゼロからは始めないチーター生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く