話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ゼロからは始めないチーター生活

チャカギ高木

1話 チーターへの扉

チーターというものは基本相手に恨まれ憎まれただ自分が優越感に浸れるだけの下衆な存在なのだ。 
どんなゲームにだって必ずチーターは存在している。

運営がどれだけアカウントを凍結しようが影で隠れて姑息な手を使って逃れているチーターもいる。
この世はチーターが最も悪で最も強いのだ。 

だがしかし、運営側のミスだか神の仕業だか知らないが偶然にもチーターと言うエグいほど強い存在が生まれてしまうのだ。彼、「ユウタ」もその中の1人である。

ユウタは普段都内の普通の偏差値の私立高校に通っているごく普通の現役の高校生である。
チーターへの扉を開く日の朝、普段通り朝起きて大好きな蜂蜜を満遍なく塗りたくったパンにかぶりつきながら学校に間に合うよう猛ダッシュ!
なんて事は無く、リビングでしっかりと朝食をすまし、少し長めの便をすませてから学校へと向かう。

友達がそんなに多い訳でもなく、登校中に話し掛けられることなんて滅多にない。
あってもクラスメイトからの「おはよう!」ぐらいだ。月に1度ぐらいの頻度だ。

実に情けない……


1人でいつも通り学校に着き、自分の教室へ向かう。だがやけに今日は静かであった。
不思議だな〜とは思ったが特に気にせずに教室の扉を開けた。
そこはなんとも変わり果てていた。
いつも居るはずのクラスメイトが誰1人居ない。
かわりにぐにゃんぐにゃんした異空間が漂っている。


この変哲もない教室の扉が今日は異世界への扉すなわちチーターへの扉となっていたのだった。

「ゼロからは始めないチーター生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く