神がくれたステータスがいかれ過ぎているのだが?

斑鳩 装

助ける!

目が覚めたら知ってる天井だった(いつもやっております。)
「この宿やっぱ快適だな!」

起きてすぐ、身支度をし  顔を洗い   武器を確認して

宿を出る
すると受付の子が
「今日はどこへ行くの〜?」

「ギルドだよ」
ここは笑顔をかかさない

「すごいね!いってらっしゃい!」

「うん」
まるで学校へ行く前、妹に挨拶するみたいな感覚だな

ギルドに入るとテルファナさんが
「今日はどうされましたか?」
すごいデジャブ感

「おお、丁度いいところに」
チッ
ギルマスかぁ、めんど、

「実はブラックの件で隣国のサハルタニアのギルド本部に本人同行で行かないといけなくてね、
全てのギルマスが集まるギルマスの会議があって一緒に来てほしいんだよ。」

まぁ、行くだけ行くか、

「いいですよ」
スマイルスマイルと、

ギルマスと2人で馬車に乗り
門を出る、

いきなりであれだがギルドの話になった
「そういえば君はギルドの幹部について知っているかい?」
え?幹部なんてあるの?

「幹部は四人、
   東を統括するギルマス、
   西を統括するギルマス、
   南を統括するギルマス、
   北を統括するギルマス、北は俺だ!」
   
「あ、幹部だったんですね、」
結構予想外だ 

「なんだその知ってたかのような態度は」
ギルマスはほっぺを膨らませて怒っている

正直、キモイな

「全員Aランク相当の強さの持ち主だ、
その中でもオルデといギルマスには気をつけるんだ。
そいつはなんでも利用しようとするからな!」

「へー 、そうなんですか」

おっけ〜

「さっきから反応うすくないか?」
げ、バレた

「そ、ソンナコトナイゾ」

「なんでカタコトなんだ?」


「神がくれたステータスがいかれ過ぎているのだが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 氷柱儀   雪兎

    助けるとは何を?、

    1
  • ノベルバユーザー152835

    9ってwww

    1
  • ノベルバユーザー220959

    利用しようだぞ

    5
  • ノベルバユーザー216933

    現代兵器が出る予感?

    4
コメントを書く