神がくれたステータスがいかれ過ぎているのだが?

斑鳩 装

神様との出会い

「起きるのじゃ」

声が聞こえる、爺さんの声だ
見た目が輝いている
髭がながぁぁい人

「私は神だ」

あっ、はい、そうですか、

「なんか、、寂しい返事じゃのぅ、」

え、なに?まじ?もしかして死んだ?

「お主は人を守って死んだのじゃ、だから君には異世界に転生してもらう、」

なんか優しそうな神様だ、暖かなオーラで包み込まれるそんな感じだ
しかしやはり死んだのか
あーあ、まだ読みたいラノベとかアニメがあったのにな、
まぁ、異世界だしいっか、チートになれますように!

「お主の妹は無事じゃよ、お主は人を助けたから種族を選ぶことをできるようにしよう。」

よしきたチートへの第1歩ぉぉ!

神様によると、この世界には8つの種族がある

龍人
強さが桁外れな代わり、脳筋で繁殖率が低いそうだ

獣人
器用で鍛冶などにむいている、獣人の中にも色々な種族があり特徴的なのは外見

エルフ
ほぼ不死身といってもいい、ただし繁殖率が低く魔法以外があまり使わない

人間
繁殖率が高く、知能も高いその異世界の7割をしめている

魔族
寿命がないが、他種族から狙われ自分のコアを取られると即座に死ぬ、力はモンスターそれぞによる


とにかく強い、しかしほぼいない

天使
神に使え世界の脅威を感知するもの、まれに人間が転生する場合もある

神族
神様たち寿命がなく、下界に産まれない限りLvもないしかし世界に干渉できない

このうち俺が選べるのは人間、エルフ、龍人、獣人、魔族の中からなら選べるらしい
俺はやっぱり猫耳と思い
獣人(猫族)と人のハーフにした

「どれどれ何にしたんじゃ?」

「獣人と人間のハーフにしたました」

「良いものを選んだのぉ」

「あと行く前に教えとくと特典を付けといたからあっちに着いたら確認してみるとよいじゃろう」

「あといくつか聞きたいのですが、よろしいですか?」

「勿論じゃ」

「この世界の通貨について教えて欲しいです」

銅貨1枚で10円くらいだ
銅貨100枚で銀貨1枚
銀貨1000枚で金貨1枚
金貨10枚で白金貨1枚だそようだ

「それと最後に僕は向こうで無双できるでしょうか?」

「愚問じゃな」
「それじゃあ、転生させるぞよ?」

「分かりました。」







起きたら隣にメイド?みたいな人がいた





「神がくれたステータスがいかれ過ぎているのだが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 野良民

    したました、じゃなくてしましたですよ

    1
コメントを書く