神がくれたステータスがいかれ過ぎているのだが?

斑鳩 装

え?あ、俺、死んだの?

「兄さん!起きて!今日は祭りの日だよ!
そうにぃってば!」

どんなやつだよおれの眠りを妨げるのは!

あ、天使か、

「さぁ早く!」

「まぁ、そんな急ぐなって」

「ほら!はやく!」
俺はなかば強引に祭りに連れていかれた

まぁなんか買ってあげるかな
妹のために

「何が欲しい?」

「りんご飴!」
可愛いなぁ、流石俺の妹

「いいだろう   俺の奢りだからな」
俺の残り残金1000円だけど、妹のためになら

「ちょっと私お手洗い行ってくる」

「はいよ、気をつけろよ」

「トイレ行くだけで何を気をつけるのよ(笑)」
1分後


遅いな 何かあったのか?

「「「誘拐だ!髪を結んだピンクのブレスレットした女の子が誘拐されたらしいぞ」」」
 それあいつじゃないか!
ゆ、誘拐?!助けなきゃ!

「そこの男落ち着くんだ!妹を離せ!」

「なめるなぁぁぁ!!」

俺の言うことなんてきかずに猛スピードで突進してきた

俺はとっさの判断で妹を突き飛ばし自らを盾とする
俺のお腹あたりは紅色に染まる、
死ぬのか、妹助けれたし、いいか、な、
「お兄ちゃん!お兄ちゃん!ごめんなさい」

あれ  俺ここで死ぬのかせめて、せめて

「幸せに   生きろ  よ」

「うん、、、、、」

だんだん声がとうのいった


本当に死ぬんだな

「神がくれたステータスがいかれ過ぎているのだが?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 氷柱儀   雪兎

    天使(笑)

    1
  • 小説書いてみたいけど内容が浮かばない人

    守れてよかったな

    1
  • ノベルバユーザー255476

    はじめまして

    0
コメントを書く