気紛れ女神にもらったスキルで異世界最強になる(予定)

ペンギンの産みの親

第13話   上には更に上がいるはず

『我を見下げるな!人間風情が!捻り潰してやる!』


そう言うと、チビドラゴンは小さな羽をパタパタさせたと思うと、体が浮かんだ。


「おお!と、飛べるのか?お前?」
『どこまで我を愚弄する気か!絶対に許さない!食らえ!火の息ファイヤ・ブレス!』


チビドラゴンがそう言うと、チビドラゴンの口から火が漏れ出した。
その瞬間、チビドラゴンは口を大きく開け、火を吐き出した。


「うぉ!こ、これ大丈夫かぁ?!」

あ、そうだ!あれを使えばいいんだ!


天を駆けるステップ・アップ


俺がそう言うと、半透明な板が目の前に何段か現れた。

こ、これを使って逃げるしかない!

『おい!お前!どれだけ我を見下す気か!』

チビドラゴンは頑張ってこちらよりも上に行こうとしたが、途中で疲れたのか、ヘナヘナと落ちていった。


「おいおい、大丈夫か?」
『くぅ!人間に心配されるなどドラゴンの恥だ!』
「お前、まだ、子供だろ?そんな物騒な言葉とかは使わない方が良いぞ!」

『我に指図するな!何度言えばわかるのだ!』
「ご、ごめん。でも、今動けないだろ?俺が見ててやるよお前のこと」
『ふん!人間に見てもらうよりも自分一人の方が気が楽だ!』

「本当か?もしかしたら、ここをたまたま商人が通ってお前が捕まって一生檻の中かもしれないぞ?」
『そ、そんなことあるか!我が商人などぶち殺してやる』

「はたまた、お前よりもデカイ何かが来てお前を食ってしまうかもしれないぞ?」
『そ、それは.....』

「だから、見ていてやるよ」
『我が相手出来ないものに人間風情が立ち向かえるわけなかろうが!』

「自慢じゃないが、これでも、割と強いんだぜ?俺」
『まぁ、そこまで言うならやってみろ!ただし、我の魔力が完全に回復するまでだからな』
「あぁ、任せろ」

こうして、俺はなんなかんやあって、いつのまにかチビドラゴンのお守り?をやることになった。



◇◇◇◇
~グルァァァァァア!!!~

「な、何だ?!」
『マスター!何か強大な何かがこちらに一直線に向かってきてます!』

な、何がくるんだ?!


~グァァアァァアア~

そこに現れたのは、周りの木より少し高いぐらいの大きさの鎌首をもたげたドラゴンだった。

「ウゲェ、こ、コイツは行けるのか、マジで」
『マスターならできます!』

まぁ、お守りしている本人は此処で寝てるんだがな


さぁて、お仕事完了しちゃいますか!!







GWぶんの奴です。
やっと出せました。
次は明日になると思われます。
先に言いますが、来週はテスト週間、再来週はテストに成りますので出せなくなると思います。
すいません
ではでは



~ドロン~

「気紛れ女神にもらったスキルで異世界最強になる(予定)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く