気紛れ女神にもらったスキルで異世界最強になる(予定)

ペンギンの産みの親

第12話   予想を越えてくる予想を貴方に

色々遅れてすいませんでした!
中々時間が作れなくて(趣味のせいで)
GW宣言やれなくてすいませんでした。
埋め合わせはします。



俺たちはそのあと何体か見つけ、討伐し、残りのスライムを探しに出たが、それ以降スライムが現れる様子はなかった。
それどころか、回りにそれらしい気配すらなかった。


「どうなってんだ?これは?スライムがいないぞ?」
『マスター。この先に何かとてつもないものがいるような気がします。』
「とてつもないもの?もしかして、今のスライムがいないのと、何か関係があるのか?」
『分かりません。ですが、普通はこのような場所には居てはいけない存在、そんな気配がします。』


通常は居てはいけないレベルの奴か.....
そんなやつと戦えるのか?俺は。
まぁ、いざとなれば食えば良いしな。

そんな軽い気持ちで俺はそこへと足を運んだ。



◇◇◇◇
「おい、スラ。あれがここに居てはいけないような者か?」
『そうです。あれは、ここよりももっと深い森の奥にすむ上位の魔物です』


あれが上位魔物か。

俺にはただのデフォルトされたドラゴンのようにしか見えないのだか。

小さな白い体。赤い目。ぬいぐるみのような愛らしい雰囲気。

そして、俺は見た。
その、ドラゴンがスライムを潰して遊んでいるのを。
そのドラゴンの周りには大量の魔石とスライムコアだろうか。それと、飛び散ったジェル状の物があった。


「本当にアイツ、ここに居てはいけないほどの奴なのか?」
『当たり前です!ドラゴンがどこにでもいたら、他の種族何て全滅ですよ!』
「そんなヤバいのか?俺が喋って来てやるよ」
『マスター!本当にヤバいですって!』
「大丈夫だよ。スラはここで待っててくれていいよ」

俺はスラを草むらへ置いてドラゴンのもとへと向かっていった。



◇◇◇◇
「ちょっと、そこのドラゴンくん。あんまりスライム倒さないでくれるかな」

俺はダメ元でチビドラゴンに話しかけた。

『ん?何だお前?我に指図する気か?』


は?今コイツ喋ったのか?
てか、もしそうなら、コイツ女の子ってことになるけど?
いわゆる、ロリボだった。
幼女が出しそうな鈴の音のような声だったが、結構上から目線だった気がするぞ。


「えと、スライムを俺も倒したいんだけど、譲ってもらってもいいかな?」
『は?ダメに決まってるじゃん。これは我の遊び道具なの。だから、誰にもやる気はない!』


えぇ、この、ロリドラゴンめんどくさいタイプの奴か?






遅れてすいませんでした。
前書きどうり埋め合わせはします。
次はいつ出そうか。
あ、水曜日(昨日)分ですこれは。
では!



~ドロン~



「気紛れ女神にもらったスキルで異世界最強になる(予定)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く