気紛れ女神にもらったスキルで異世界最強になる(予定)

ペンギンの産みの親

第9話  依頼は中々に残酷な物もあり

俺たちは、だらだら街を20分程散策したあと、ギルドへと向かった。

「ふぅ、色々見て来たけど。スラ、何か良いもの見つけたか?」
『はい、良いものと悪いものの差が激しかったですがね』
「はは、そうだったな」

確かに、スラの言っていたとうり、良品と悪品の差が激しかった。
ボロボロで相手を倒せるのかどうかも分からないような剣や何でも切れそうなぐらい刀身が輝いている剣があったりした。
まぁ、他にも色々あったのだが。

「カレハ-キリヤさん、冒険者証とティムライセンス発行出来ましたよ」
「はーい」


「こちらが冒険者証です。冒険者にはランクがありまして、Dから順番にC、B、A、S、SSとなっています。ちなみに今SSランクの方は2人しかいません」
「へぇ、俺でもなれるかな?スラ?」
~ポヨンポヨン~
「頑張れば何にでもなれますよ」

「そして、こちらがティムライセンスカードです。これがあれば、そのスライムでも、はたまたドラゴン種でも、ティムさせれば街に出しても大丈夫になります。」
「ドラゴン種何ているんですね」
「はい、細かいことは依頼等を受けたときにまたどうぞ」
「ありがとうございました」
「はい。ありがとうございました」

俺は礼を述べてから依頼掲示板へと向かった。



「ん~~どれにしようかな」

俺は初出発なのでランクは勿論Dである。
Dランク用の依頼は採取や手伝い等ばかりで討伐系はかなり少ない。

B位から何やら盗賊たちの討伐や殺害依頼等、物騒なものが現れ始めている。

そのなかにもないことはないので、俺は見つけた討伐依頼書を受け付けカウンターに持っていった。

「スメルダ平原のスライムの30体の討伐ですね。倒してあるかどうかの証明出来るものを持ってきてくださいね?」
「何か出るんですか?」
「はい。先ずはそこから説明しますね。魔物には全てに共通することですが体の中に゙魔石゙と言うものがあります。これはその魔物を倒したときに出るものです。魔物によって大きさは異なります。大体冒険者さんたちの稼ぎはこの魔石を換金したものですね。魔石だと、はっきりとは分からないのでその魔物の特徴的な部分をとってこれば大丈夫です。今回のスライムなら、スライムコアや緑色の粘液などで大丈夫です。」
「はい。分かりました」
「長くなってしまいスミマセン」
「いえ、その分分かりやすかったので」
「では、気を付けていってらっしゃいませ」
「行ってきまーす」


俺は受付嬢に別れを告げスメルダ平原へと向かった。







スミマセン日付が変わってしまいました。
ゲームをやっていたら時間を忘れてしまいました。
今回は少な目になってしまいましたが、次は期待していてください。
恐らく戦闘シーンになるかと思います。
今までの僕の駄作たちを見た方は分かるかと思いますが、僕は戦闘シーンが割りと苦手です。

まぁ、ならなんで異世界物書き始めたんだって話なんですけどね。

誤字、脱字、感想などあればよろしくお願いします。
いいね等も貰えると励みになります。

そろそろ寝ようかな。
では!




~ドロン~


「気紛れ女神にもらったスキルで異世界最強になる(予定)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く