気紛れ女神にもらったスキルで異世界最強になる(予定)

ペンギンの産みの親

第2話    気紛れ女神疑われ

ふと、気づくと俺は見知らぬ場所にいた。
それもそのはずだ。なにせ、周囲には何もなく色彩すらなかった。

完全なる無。

これが孤独なのだと俺は改めて知ることになった。

孤独には慣れているはずだった。
中学までは、未来に苛められている以外、ほとんど誰とも関係を持っていなかった。

クラスに何人か話す程度の奴等は居たが、お互い距離を感じていたのが事実だ。

しかし、今は誰もいない。
あのころ、話をしていた奴等さえも。
咲哉、優、希美、朝倉さん。
そして未来。

ここが死に場所なのかと思うと何故か寂しさが込み上げてくる。

アイツらがいないからか?

そんなことを考えていると、前から何もなかったはずのこの場所に向けて、とてつもない光が押し寄せてきていた。

ここで俺の意識は途切れた。



◇◇◇◇

・・・・・なんだろう?この柔らかいものは?
さっきまで何もないような場所にいたはずだ。

しかし、今俺は干したての枕でも勝てないような、世界一の低反発枕でも、届かないような最高な感覚に包まれていた。

乗っている頭を硬い地面から守るだけでなく、上からも極上の感覚が俺の頭を守るように包んでいる。

「こ、これはいったい?」
「あ、目を覚まされました?」

俺が目を覚ますとそこは暗闇だった。
そして何故か息苦しい。

あれ?俺、目覚ましてるよな?
それは良いとしてこの息苦しいのはなんだろう?
何かがのし掛かっているような。
とにもかくにもどかそうか。

俺ばそれ゙に触れた。

「あっ」

?!
な、なんだ?
よ、よしもう一回。

「あふっ」

?!?!

「あ、今退きますね」

やっと、息苦しい事から解放されるのか。



俺は解放された。
目を開け直すとそこには女がいた。

「お前は誰だ?」

俺が指を指して聞くと彼女は後ろを振り向いた。

「いや、俺が指指したのは俺の前にいる女、お前だよ」
「わ、私ですか?」
「ああ」

そして彼女は口を開いた。

「私は、女神です!」

は?

「大丈夫か?(頭が)」
「なんのことですか?」

俺はとっさに彼女のことを心配していた。

「いや、行きなり゙自分は女神でず何て言われたら心配するだろ普通」
「もしかしなくても、信じてません?」
「そりゃそうだろ」
「はぁ、゙まだ1から説明ですか・・・・・」

彼女は心底辛そうに呟くと説明をしてくれた。



自分は美女神イシュタルであること。
さっきまで俺のクラスのやつらにもこの事を説明していたこと。
何故このようなことになったのかということだ。

「実はですね、私、とある世界を作ったのです。」
「はぁ、それで、その世界がおかしくなったから勇者みたく世界をすくってくれと?」
「はい。話が早くて助かります」






やはり、後書き道理1日に2回投稿してしまいました。
まぁ、これからもこんなことがつづくかもしれません。

あ、そろそろ時間が!
では!

~ドロン~

「気紛れ女神にもらったスキルで異世界最強になる(予定)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く