気紛れ女神にもらったスキルで異世界最強になる(予定)

ペンギンの産みの親

第1話    転移開始のチャイム

↓この線を前書き、後書きに使用かと思います。



俺は枯葉斬耶かれはきりや
今年で、17歳になる高校2年だ。

ちなみに、今は1月である。今日冬休みが終わり、新学期が始まるため、登校しているところだ。


「斬耶、おはよう」
「ああ、おはよう未来」


彼女の名前は五月雨未来さみだれみらい、俺の幼馴染みだ。
自分が言うのもなんだが未来は美少女だ。

くりっとした垂れ目、腰まで伸びた艶やかな黒髪、雪のような白い肌、出るところは出ていて引っ込むべきところは引っ込んでいる非の打ちようがない美少女だ。

だか、それは外見だけの話。
クラスの友人たちすら知らないことを俺は知っている。それは、こいつの性格だ。

こいつは人を苛めるのが大好きなのだ。
それこそ小さいころは大嫌いな虫を投げつけられたり、大切にしていたおもちゃを焼かれたり。

ここ最近だと、課金までしたゲームを、初期化されたり、溜め込んでいた小説や漫画を丸ごと火の中に入れられた。

小さい頃からやられていると流石に慣れるらしい。
何をされても驚かなくなった。


「なに考えてたの?」
「いや、お前の性格の話を学校にバラまこうかな、と思ったりしてた」
「やれば良いんじゃない?」


何故彼女がこれほど余裕なのかと言うと彼女は生徒会長であり、しかも教師、生徒から厚い信頼を寄せられているため、こちらが何をしようが、嘘だと言われてこいつを支持しているやつらに俺が潰されるだけだ。

何やかんや考えているうちに学校についていた。


「私、生徒会室でやることあるから先に教室行ってて」


そう言うと彼女は鞄をこちらに投げてきた。


「何時もみたいに机の上に置いとけばいいんだな」
「うん、よろしくー」


こうして俺たちは廊下のT字路で別れた。



◇◇◇◇
彼女と別れたあと俺は真っ直ぐに教室に向かった。
俺は教室の後ろの扉から教室の中に入って行った。

教室に入って直ぐ未来の鞄を彼女の机の上に置き、足早に自分の席に座る。


「おっはー、きりっち」
「おはよう、咲哉」

「おはよう、斬耶くん」
「おはよう、優」

「おっはー、きりやー」
「おはよう、希美」


彼らは、俺と未来がよく絡んでいるクラスメイトだ。
上から順に上原咲哉うえはらさくや竹嶋優たけしますぐる城之内希美じょうのうちのぞみだ。


「あれ?朝倉さんは?」
「ゆうぽんなら、職員室に日誌取りに行ったよ」


朝倉さんとは、このクラスの学級委員長で、本名を朝倉結実あさくらゆうみという。
結実なのでゆうぽんである。


「そっか、ありがとう希美」
「いやいや、御安いごようだよ」

「お、噂をすればなんとやら、だな」


教室の前の扉からベストタイミングで朝倉さんが入ってきた。


「おはよう、朝倉さん」
「おはようございます、枯葉くん」


俺たちが暫く話していると咲哉がふと、聞いてきた


「なあなあ、きりっち」
「なんだ?咲哉」

「みらちゃんはまた生徒会?」
「まぁな、あいつはあいつなりに忙しいみたいだぞ」
「そんなことはないので・す・よ♪」


「「「うわぁ!」」」


「どうしたんですか?みんなして、化け物が出た!見たいな顔して」

「いや、普通に急に後ろから声掛けられたらびっくりするだろ。しかも、それが話題のテーマなんだから」
「いやぁ、人気者は辛いですね」

「そんなことはいってないぞ」
「おい!そろそろ先生来るから座れよ」


いつの間に席に戻ったのか咲哉か、忠告してくれた。

「おお、サンキュウ」
俺たちは足早に自分の席に戻った。



~キーンコーンカーンコーン~
チャイムがなった直後、教室が揺れ始めた。


「いやぁぁぁぁあ!」
「何?!地震?!」


突如教室に混乱が訪れた。
そして俺はこの目で見た、世界が白く染まって行くのを。





先に言っておきます。
この小説は大体水曜日と、土日曜日のどちらかで出します。
小説タイトルにもありますが、作者の気紛れで、1日に何回も出したり、連日で出したりします。
ご了承下さい。
予定道理で有れば今週の水曜日に出ますが、恐らく今日、2話目を、投稿するかもしれません。
出さなくても文句は無しね。
では、ここらで。

~ドロン~

「気紛れ女神にもらったスキルで異世界最強になる(予定)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く