強大すぎる死神は静かに暮らしたい

犬飼ゆかり

世界は死神を


「ただいまー」

なんて言ってメルの待つ自室へと戻る。



これは過去の記憶で今起こってる事じゃない。ただの回想で、つまらなくて、……しくて、……な、ただの………だ。



「あれ? メア?」

返事が無かった。おかしいなと思った。
少し探した。見つけたのは僕の寝室で寝ていた。

匂いがしたんだ。あの時の匂いが。僕は満ちていないのに君が満ちていた、あの時の匂いが。

「メア?」

その匂いに気付かなかった僕は、あと少しで気付く。

「ああ…ラト様…おかえりなさい……。早かった、ですね…。ごめんなさい、ラト様。貴方が助けてくれた命。無駄にしてしまって。多分、ラト様は私がいない方が幸せ…なんだと思います……。それが私の十年考えた答えです……私は幸せでした。えへへ、ラト様のベッド使わせてもらいました。最期はすこし我儘してもいいですよね」

僕は一言も返せなかった。喉が乾いて張り付いた声を出したのは少し経ってからだった。

「まってよ、行かないでアリス……」

あの時、僕が見えてたモノは昔の記憶だ。僕は何をしているんだろうか。可笑しくて笑えない。

「ふふふ……私の名前は…メルですよ。ラト様……」

それが彼女が終わる瞬間。

「まって、メル。メル! 僕は! ねえ!聞いてよ!目を開いて!また僕の名前を呼んでよ!」

もう遅い。遅過ぎだよ。僕はずっと遅かった。何をやっても遅かった。全てが遅かった。


なんかどうでもよくなったんだ


「あ、ああ……あああああああ……」

顔をグチャグチャにして泣いた。

泣けた。

アリスが死んだ時ぶりかな。泣いたのは。

僕が今まで積み上げてきたもの、作り上げたもの、全てを消そうと思った。

この世界ごと消そうと思った。


そして魔力を、今まで死んだ者の全てを吐き出した。



そして僕は今、神様の所にいる。あの真っ白い退屈な世界に。
今回もアリスの姿のシエラが僕に言う。

「はぁ…ラト。貴方は何をしようとしていたが分かってるの? たかが一人の命が消えた事に泣いて私の世界を壊そうとしたのよ? 折角作った私の世界を!」

「ねえ、もう…疲れたよ。シエラ、君は凄いよ。何万年もここで存在し続けているんだろ? 僕はもう終わりたい。死にたい。君みたいに僕は神になんてなれない。頼む、殺してよ」

「なによ、それ、なら力も知恵も無くして世界でも彷徨っていなさい! もう! 好きにすればいいじゃない!! 私が凄いみたいなこと言って、勝手に死にたいとか言って! 死にたいってどんな感情なのよ! 教えなさいよ! 貴方は私に感情を教えるって言ったじゃない!!」

そうだ、そんな事を君に言った気がした。あの時は君の事を可哀想な少女だと本気で思っていた。本気で喜怒哀楽を知って欲しかった。
でもそれは人としての感覚だったんだ。

今の僕は感情が無かった君が羨ましい。
でも、感情が無い未来なんて怖くてたまらない。


彼女は少し冷静にこんな提案をしてきた。

「なら、こうしましょう。私も含めて世界を巻き戻しましょう? 貴方が勇者だった頃に」

「ああ、それがいいよ」

もう何でもいいんだ。今が苦しくてどうしようもない。

これで今が変わるならそれでいい。




「強大すぎる死神は静かに暮らしたい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く