強大すぎる死神は静かに暮らしたい

犬飼ゆかり

死神はゲームを始める


「人間との戦は明後日だ。何か異常は?」

僕の質問に魔族の幹部九人が口を揃えて言う。

「異常はございません。今すぐにでも出陣できます」

「ならいい、出陣は明日だ。今日は酒でも女でも好きにしろ」

「はっ!」





さて、話を一ヶ月戻そう。

僕は魔王になった。『純粋』に力づくで。
そして魔族達に幻想を魅せた。僕に付いて行くと人間に勝てるって言う幻想を。

そして僕は神様とゲームをする事にした。何も言って来ないから承認したと捉える。
ゲームの内容は戦争。毎年一回、人と魔を戦わせる。僕が魔で神様が人。そんなゲーム。

これが魔の国に来てから王になる迄の一ヶ月。

作戦会議が終わった後の魔族達はこう言う。
「ラト様は魔族はどうあるべきか分かっている。王に相応しい」
「魔王様は骸骨の仮面を被っていて怖いけど力も知恵もあるお方だ」
「少しアリス様の面影がある。それが懐かしい」

そりゃそうさ。魔族の基本的な考えは知っている。魔族の導き方も知っている。

何故か?

僕の三つ目の『箱』が開いているからだよ。

 
「ラト様、お疲れ様です」

僕の部屋に戻るとメリィの労いの言葉が聞こえる。

「ああ、ありがとう。ふぅ、仮面はやっぱ暑苦しいね」

メリィがお茶を淹れてくれる。

お茶を飲み、一息つく。

「あー、何してんだろ。僕は……マリネ、泣かないで……ガリウ、また喧嘩して……ほら、ライト様、頬にスープの具が付いてますよ……死なないでアリス……だって僕は、僕は君の事が……」

おっと、独り言が出てた。ちゃんと口を閉じないと勝手に出てしまう…。

その世界の登場人物は大体の性格が決まっている。
例えばエルフ、彼等は森の国に住み、自然を愛し、森から出ない。そして他者を見下す傲慢さを持っている。

魔族は自分で気付いてはいないけど原動力は嫉妬の感情だ。この物語の悪役は嫉妬で動いている。そして純粋だ。人間に敵対心を持っているだけ。強ければ誰でも王になれる。

笑えるよね。アリスみたいにカリスマがあれば喜んで付いてくる。

こんな単純な奴らの基礎戦闘能力が人間より上だなんてさ。面白いよね。神様は。あはは。

この戦争はただのゲームだ。神様に面白いと思わせればいいだけだ。
明日の出陣に、緊張して眠れない魔族もいるだろう。だが、それがどうした。この世界の命は平等じゃない。

さあ、戦おう。
さあ、始めよう。

神様の暇つぶしを。

「強大すぎる死神は静かに暮らしたい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く