強大すぎる死神は静かに暮らしたい

犬飼ゆかり

死神は幸せにしたい


「……」

死神は家を出た、魔王を倒しに

「……」

死神は強力だ、世界で最も

「でも、私は不安です…ラト様…」


私は十年間、ラト様と一緒に暮らしている
ラト様からしたら一瞬なのかも知れないけど、私はラト様の事を知り尽くしていると思っている

十年間、色々な事を教えてもらい、色々な事を知った

ラト様はよく茶を飲みながら独り言をいう
ちょっとおじいちゃんみたいで
でも私はそれを聞いている

だから知っている

ラト様は神様が嫌いだし
神様はラト様を愛しているらしい

死神は神様の下僕だから命令は背けないし
都合の良い様に造られている
死ぬ事だって許されていない

きっと…ラト様がよく言う『アリス』って人はラト様の好きだった人なんだろう

なんとなく分かる、誰よりもラト様を見てきたから

それでも、私の気持ちは変わらない

さてと、いつ帰ってきても良いように掃除と洗濯をしよう


これは、ただの予想だけど、きっと、神様は私が思っている以上に意地が悪い








「ねえ、ラトさん、ラトさんにとってメルさんって何なの?」

勇者ちゃんが興味本位で聞いてきた

ここは帝国、神を信じるものは少なく技術で出来た国
便利な魔道具や強力な武器が多い、実力主義の国
そういえばここで僕は盾を作ってもらったっけ
魔王に一撃で壊されたけど

話を戻そう、勇者ちゃんの質問に答える

「メル?はね、少し前に拾ったんだ、病を患った少女だったね、多分奴隷とかで捨てられたんだと思うよ」

「……そうなんだ」

「初めは元気になったら近くの町に預けようと思ったんだ、でも彼女の紅い眼を見てたらついね、僕と一緒に暮らす?なんて言っちゃったんだ」

「……」

「何でだろうね、もう忘れちゃった」

「……そっか、でも今じゃメルさんの方が親みたいだけどね」

「あはは、確かにそうだね」

質問の答えはね、罪滅ぼし、かな、独善的な

「でもね、ああ、これは、メルには秘密だよ?」

「え?なに?」

「メルが死ぬまではメルの為に生きようと思っているんだ」

「メルさんは幸せだね」

「幸せ、なのかな?」

「私はそう思うよ」

それは良かった、彼女が幸せなら僕も幸せなんじゃないかな



「さてと、ラトさん、準備はもういい?魔族の土地へ行く準備は」

「ああ、大丈夫だよ」


さてとお伽噺の一ページ目を書いていこうか

「強大すぎる死神は静かに暮らしたい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く