強大すぎる死神は静かに暮らしたい

犬飼ゆかり

死神は勇者の仲間になった


ああ、くそっ、どうしてア…スまで…
僕が守るって決めたのに

ねえ、勇者くん、その娘、生き返らせたい?
もう一度その紅い眼を見たくない?

生き返らせたい、また…リスの眼を見たい

勇者くんは魔王を倒したし一つ報酬をあげてもいいけど…もう一仕事してくれる?前払いで生き返らせてあげるから

分かった、なんでもするよ

ふふふ、いい子は好きよ
仕事は死んだ者の魂を私の元まで導くだけ
どっちかと言うと迷える魂を救う仕事
『報酬』は知恵と力よ、ふふっ

その力で僕は、守れなかった彼女を…守りたい

そうそう、その調子、その調子
じゃあ、頑張ってね、ふふふ







「ラト様!起きてください!」

元気な声が聞こえる

「うぅ、おはよぉ」

「はい!おはようございます!」







「朝ごはん、温かい」

「ふふん、ラト様に教えてもらった火の魔法で温め直したんですよ!」

「もう、覚えたんだ、魔法」

「ラト様の教え方が良かったんですよ」

「そっか」

「はい!」







そしてお昼頃、ちょうどメロにお茶を淹れてもらって本を読もうとしてた頃

「ラトさん久しぶり、聖女様がラトさんに手紙だって」

「勇者ちゃん久しぶり、手紙読んでもいいかい?」

勇者に許可をもらって手紙を読む


ラト様へ

神は勇者と共に魔王討伐する事を願っています
どうか勇者、サフィアと共に魔王を倒してください

レナより


纏めるとこんな感じだった

聖女が受ける神託とやららしい
神の命令とも言える

神はいいのかな、僕に魔王を倒させて
つまらないと思うよ

でもやれと言うならやろう

「分かったよ、ぱぱっと倒しに行こうか」
 
「ラトさんありがとう、流石にぱぱっとは無理だけど…」

勇者と話をしているとメロが心配そうな顔をした

「魔王討伐…危険ですよね…」

「大丈夫だよメル、ラトさんは強いからね、むしろ魔王が可哀想になってくるさ」

「そう、ですか…分かりました!魔王討伐頑張ってください!」

「ああ!もちろんさ!」







明日に行こうという話になり一日勇者も泊まった
その夜、メロが僕の部屋に来た

「本当に大丈夫何でしょうか」

「大丈夫だよ、僕は強いからさ」

「強いのは知っています…でも神様が言ってきたというのが不思議に思って…」

「確かにね、でも大丈夫だよ、いざとなれば転移魔法で逃げれるし、あまり使いたくないけど時空魔法もある」

「はい…頑張ってきてください、あと早く帰ってきてくださいね!」

「うん、早く帰ってくるよ、じゃあおやすみ」

「はい!おやすみなさい!」







「いってくるよ」

「いってらしゃい!」


「魔族の住む土地は世界地図の左上、えーと、北西だね!それで私達がいる場所は神聖国だから、えーと、あれ?神聖国…は…えーと」

「ここだね」

そう言って魔の国から離れて右下を指す

「ここか!うへぇ、かなり遠いね…あ、転移魔法で行けばすぐ着く?…いやでも、転移魔法…うーん…」

勇者は一人で悩み始めた

「転移魔法は僕の知ってる所しか行けないんだ、魔族の魂は別のところに行く、僕は魔の国の最寄りの帝国までしか行けない」

「じゃあ、帝国まで…転移…魔法で……」 

「よし、じゃあ行こっか」

「あ!まって!まだ心の準備が…もう魔法陣が…あっ」



「強大すぎる死神は静かに暮らしたい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く