強大すぎる死神は静かに暮らしたい

犬飼ゆかり

死神は神に愛されていた?


私はレナ、聖女だ
元々は帝国の下級貴族の娘だった

十歳の時
教会の人は私を聖女と言って神聖国に連れていった
パパは止めてくれなかった
「がんばれ」と言ってくれた

今だから分かる
それは私の為じゃなくて自分の為にだ

私はさぞ高値で売れたのでしょう?


満面の笑みで私を送り出してくれるくらいに


だが本当に神は私を選んだらしい
力があった
千切れた腕を繋げる魔法を
神の敵、魔族を灰に変える魔法を


でも

でも

私がしたい事は何一つ出来ない
私がするべき事は沢山あるのに

神に愛されてるのに
強力な魔法を使えるのに
人々に慕われているのに

ちっとも幸せじゃない


私は神に愛されてる
勇者も愛されてる

同情するわ

可哀想に

私も勇者も、そして死神もね







自分の部屋で考える

死神は一体何者なのか

それは私がラトという死神と別れた後に思ったことだ

死神は言った
神に祈れば聖剣は手に入ると

事実、聖剣は現れた
神に祈っただけで
愛を証明しろと言っただけで

何年も見つからなかった探し物は呆気なく見つかった

聖剣が手に入り勇者の力は飛躍した
勇者は喜んでいたが私はそれ以上に死神について興味を持った

神聖国の図書館で文献を漁った

死神は三百年前に神聖国に攻めてきたらしい
だがこの国は神に守られていた為に死神は太刀打ち出来なかった

らしい、が、違うと思っている

神は守りやしない
ならこの文献は、この国の歴史は偏りがある

書物が宛にならないなら勇者に聞いた
どんな性格か
どれだけ強いか
神の力はあるか

勇者は答えた
優しくてボケッとしている
勇者が手も足も出ないほどに強い
死者の魂を憑依させられると

死神は神の元に魂を導く存在だと

私は分かった

死神が何故聖剣の入手法を知っていたのか
いや、神の気持ちを分かっていたのか

彼は神の近くにいる
彼は神に愛されてる

それはもう、溺愛と呼ぶくらいに愛されている

そう思った、でも確信している
彼は私より不幸なのかもしれない

死神は同類だ

私やサフィと同じだ

いやそれ以下だ

ラトは神に愛されてる


それは私がラトという死神と別れた後に思ったことだ












「強大すぎる死神は静かに暮らしたい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 作者 ピヨピヨ

    すごく面白いです!
    文章の流れとか、キャラの描き方とかがすごく好きです!

    1
  • 歌維斗

    それ以下よりそれ以上が良いと思います!

    1
コメントを書く