春夏秋冬〈シーズン〉〜異世界を翻弄する最強4人兄弟〜

もちあ

第19話 〜依頼終了〜

小説家になろうにて連載しておりますのでぜひぜひ見てください!!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「レンブラント魔法学園?」

そう呟いたのはアキヤだ。その呟きを聞いた瞬間少女の視線がアキヤに集中した。それと同時に緊張がほぐれた様子だ。

「え?もしかして、ご存知じゃ無いですか?」
「知らないなぁそんな学園」
「あぁ、そいつら4人は超がつくほど田舎もんでな、魔法の使い方すら知らない連中だ」
「…ほっ、本当ですか……それは失礼しました」
 
少女が頭を下げて謝った。相当礼儀が良い子なのだろう。

「頭をあげて。それで、君の名前は?」

少女がスッと頭をあげる。みんなの視線が一点に絞られる。何か分からない緊張感がアキヤ以外の4人を襲う。それほどまでに、彼女は神々しく、美しいものだった。

「私は……“フィリア・アメジスト”と言います。以後お見知り置きを」
「こちらこそよろしく。僕の名前はアキヤ。アキヤ・サクライと言います」
「アキヤ様…」
「?。そして、こっちがハルト、その茶髪の女子がナツミ、この長髪の子がフユカで、そっちのハゲがガンバだ」
「誰がハゲじゃい!!!まだハゲじゃないわ!!」
「ふふふ」

ガンバのツッコミがその場を包んだ。この瞬間、この場を立ち寄る者がいるのならば、この少し前に、この少女がゴブリンソードマンに襲われていたということは夢にも思わないだろう。

6人はそこから話し込み、お互いの事をほんの少しだけ分かってきた。勿論、フィリアの言っていることが嘘か本当かはアキヤがスキルを使わずとも見抜いていた。スキルというのはその人の特技や特性の補助に過ぎない。よって、スキルを使わずともアキヤには嘘か本当かが分かるのだ。

「さて、そろそろ街に戻るとするか!」
「はいっ!」

こんな時にその場を引っ張るのはハルトと決まっている。ハルトはただの戦闘狂……戦闘バカではない。時には長男らしく、その場を引っ張るリーダーでもあるのだ。

街へ向かって歩いていく途中にも時折、魔物とは出くわしたのだが、すでに身体に染み付いた暗殺術で5秒も経たずに敵を倒していった。まだ一人前とは言えないが、そのキレと隠蔽術は日本で本業にしても何ら問題ないものだった。

しかし、いくらアキヤともいえど、人を殺したことがある訳ではない。大丈夫だと信じているのだが、万が一…万が一の可能性まで考えなければならない。それに、殺すことができても、人を殺すことに快感を覚えてはならない。そうなればいくら兄弟といえどアキヤを拘束、もしくは殺すしかないかもしれない。
しかし、ハルトは信じている。アキヤがそんなことにはならないという事を……長年積み上げてきた兄弟の絆というのはこんなものでなないのだ。ハルトからすればこんなことは机上の空論でしか無いのだ。

丁度おやつの時間位に、6人はショーランに戻ってきた。

「んじゃっ、またな!」
「はい!またどこかで!レンブラント学園はあの城の反対側にあります!よければ是非来てみてください!」

この街、ショーランは街というには少し大きい部分があった。ショーランはマーキュリー大陸の中にある、“シェル大国”の中の街の1つで、“中央都市シェル”の次に大きい街だ。

「それでは!」

5人はフィリアと別れた後、依頼クエストの戦利品返すために5人はギルドへと寄った。

丁度3時ごろだからか、いつもの雑音が全く聞こえなかった。

「いらっしゃい!」

ティーナの幼いような高い声がギルド内を響かせる。いつもの騒がしさが嘘のようだ。

「ちゃんと依頼を終わらして来たぞ」
「まぁ、失敗しないとは思わなかったですけど……」
「まぁな、簡単だったぞ」

そうして、ナツミが空間魔法で……ではなく、創造スキル《クリエイティブ》で自ら創ったスキル、無限収納インベントリから、オークのマナストーンと、ゴブリンソードマンのマナストーンと持っていた剣をカウンターに置いた。若干、ゴブリンソードマンの方が良く光り輝いていた。

「。。。オークのマナストーン29個と、ゴブリンソードマンのマナストーンが3つ、ゴブリンソードマンの剣が3つ……合計で490000ラドとなります」
「うおっ、すげーな」

ハルトは普通に驚いていた。日本にいた頃にもこれの10倍ほどの金額は常時貰っていたのだが……

「そのうち1割はギルドに寄付させてもらいます」
「ああ」

こうして4人は無事、441000ラドという中途半端な金額を手に入れたのだ」
「よしっ!次の依頼は何にしようかな!」
「またすんのかよ、大体は1週間に1回とかそれくらいのペースで受けるもんなんだけどな、まぁ討伐依頼に限りな」
「あのお兄ちゃん、ちょっと私作りたいものがあるから少し部屋にこもっていい?」
「分かった。じゃあ、みんなそれぞれ別行動でいいな」
「「「はーい」」」

こうして4人は別行動をとる事となったのだ。












「んでガンバはどうすんだ?」
「……………………」

「春夏秋冬〈シーズン〉〜異世界を翻弄する最強4人兄弟〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く