~魂~ IN OUR SELF

うみかぜ

第52話 vsロボット

リョウ達は仕事を貰うため、仕事の紹介人「ビマック」に言われるがまま、ロボットと戦うことになったが、そのロボットは攻撃してこない。しかし、後ろからもう一体のロボットが攻撃してきた。



「とりあえず、敵は見えた。ささっと倒すぞ。」
「OK!」
リョウの指示で、ガールナーとジャータは敵の方向を向いた。
「ガールナー、魔法を撃ってみてくれ。いきなり、俺の至近攻撃じゃ危険だと思う。」
「分かったわ。」
電気砲ギャラガッド
(ギッギービッー!)
ガールナーは両手を広げ、ロボット二体に対して一気に魔法を放った。、
(おい、ロボットに対して、電気系統の魔法出すとかマジか.........。壊れたり、逆に電気吸い取ってパワーアップとかしねぇよな.........?)
しかし、リョウの予想通り、ロボットは無傷。しかも、少し巨大化した。
「お前馬鹿か。そりゃこうなるわ。」
「う、うるさいわね!じゃあ、リョウがやりなさいよ!」
「あー。やってやろうじゃねぇか!」
「ちょっと2人とも落ち着いてください。僕に考えがあります。」
「?」
ここは要領の良い、ジャータの意見に従うことにした。


「まず、ガールナーさんはロボットに対して動きを止める魔法を。そして、2体のロボットを1箇所に移動させてください。そうしたら、リョウさんはロボットに攻撃を。」
『分かった!』

「考えはまとまったか?ロボット達は待ってくれてるぞ。」
「すまんな。ロボット達、そして、おじさん。お待たせしました。」
金縛りシュットバス.........。」
ガールナーはジャータに言われた通り、ロボットの動きを封じた。
「繋ぎの念力サイコキネシス!」
(グッグッ.........。)
「ん!?動かない!」
「マジか。」
「ロボットが重すぎたのかもしれません。ここはリョウさん! 1体ずつ倒していきましょう! ガールナーさんの魔法が続くうちに!」
「了解!うぉー!!!」
リョウはロボットに対して思い切りパンチを放つ。
(ゥドン!)
「い、痛ぇ! でも倒せたぞ!」
(やはり1発に力込めた方がよかったな。あんなの何発もやったらこっちの体が参っちゃうぜ。)
「もう1発だ!」
(ゥドン!)
(ッバン!!)

『よし!!』
(ただのひよっこちゃんかと思っていたが、あの小さいやつ以外はパワーは信じられん程だ。でも小さいやつは知能がありそうだ。さすがはこのほしシャスタ星にいる子供だな。)
「やりましたね!リョウさん!ガールナーさん!」
「そうね!」
「ああ。ひとまずな・・・・・。」
すると、リョウはビマックの方を向いて
「おい! おじさん。まだテストは続いてるんですよね?勿体ぶらず次いきましょう。」
「フンっ。言われなくても続くから待っていろ。次はこいつらを殺せ。」

次に出てきたのは.........。
「え?これは.........。」
「うわぁぁぁ!怖いわ!幽霊よ!半透明よ!」
「こいつらを殺す!?」

「~魂~ IN OUR SELF」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く