~魂~ IN OUR SELF

うみかぜ

第35話 家の中の家

リョウは魔法使いになる儀式を受けるも何も起こらず失敗。武道家になることを決意し、リョウ、ガールナーはオドマーテスの家に招待されていた。
宇宙1の武道家の家だからと豪邸と期待していたが、案内されたところは普通の家。
しかし、ある部屋の床の中を開けたらそこには家があった。





……。


「えっと、家の中に家……ですか?」

『そうじゃ! どうだー?秘密基地みたいで面白いじゃろ。』


床の下にはかなり家の広めの広場?のような感じだった。


『宇宙からも隠れている星にきて、まさかその中でも隠れているとはね……。』

リョウもガールナーも最初は驚いていたが、一つ問題があることに気づいた。

「オドマーテスさん。まあ、たしかにそうですけど、ここにくるまでの経路、どうにかならないんですか……。」
問題はそれだった。リョウ、ガールナーは今いるこの薄暗い部屋が嫌らしい。

しかし、オドマーテスは笑っていた。
『安心しなさい。ここを一度通ったものは2度目うちに入る時、玄関を開けたら今見えている場所にワープする。まあ、ここから出る必要なんて滅多にないがな。』

これはすごい! と2人は感心した。


階段、というよりハシゴを降りた。
そこには家がある。と言ってもその中に家が丸々あるわけではなく、すでに家の中に入っている。

「では、また案内しますね。」
リョウ、ガールナーはカルハの後を追う。

「到着しました! ここでお二人生活してもらいます。どうぞ、ドアを開けてみてください!」

そこにはいくつかドアがあり、その奥は部屋になっているらしい。いくつかドアのある中の2つ、つまり1人1部屋ということだ。

リョウとガールナーは鍵を渡された扉を開いた。

「おお!」『わぁ!』


部屋の中は十分な広さでトイレもお風呂もついていた。

『2人とも今日は疲れたじゃろ。この部屋の中にあるものなら自由に使ってよい。飯は部屋にもっていく。今日はゆっくり休んで明日から本格的に活動しよう!』

「はい!」『分かりました!』




こうして遠い宇宙へと誘拐された少年と、悪の組織にいた少女の一日が終わった。





「~魂~ IN OUR SELF」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く