~魂~ IN OUR SELF

うみかぜ

第31話 到着

リョウ達は宇宙船に乗り、まもなくシャスタ星に到着する。








「あ、そういえば先程言っていた宇宙政府SGMはなんで俺達を追いかけてきたのですか?」

勉強はできないが興味のあることはすぐに覚えてしまうリョウ。
そして、その質問を待っていたと言わんばかりにカルハが話し始めた。


「宇宙政府は名前通り、宇宙の政治をやっている組織です。宇宙の平和を守るためにルールを決めたりするんです。秘密事項が多いため、私は詳しくは知りませんが、SGMに所属している人々は1億人と言われています。」
「1億人!?」

リョウはその数に驚いた。それはそうだ。
日本の人口の少し少ないくらいだからだ。
しかし、カルハは
「1億人と言えども、この宇宙は想像しているよりも遥かにに大きいです。その広さを1億人で行うのは逆に少ないくらいなのです。」

リョウは首を縦に振り納得した。
「で、本題に入りましょう。何故、SGMが私達を追いかけてきたのか? それはまあ、宇宙隊アクスが暴れていたのもあると思いますが、大きな理由はこれから行く星にあります。その星は先程言った通り、
違う空間に存在しているのです。そして、我々はその星の事を秘密にしています。

「何故ですか?」

リョウは素早く相づちをした。

「これから行く星、シャスタ星は最先端技術の向上を目指しこの宇宙の天才達が集まり、色々な開発に没頭しています。理由は今は言えません。その情報が少し外部に漏れてしまったらしく、それをSGMは掴み我々を狙ってきているのです。」
「そんな事が……」
リョウはそれしか話せなかった。
「しかし、今までの話はあくまでも推測の域です。真実かどうかはまだ分かりません……」



そうこうしているうちにシャスタ星が見えてきた。その星の周りは薄く緑がかっていて、横しま模様に茶色ぽい部分と薄い緑の部分が合わさっている。


そして、その周りの薄い緑がかった部分のところに入ると薄い膜を通った。
リョウは謎だったので
「さっきのはなんですか? 」
とカルハに聞いた。
「あれは、ちょっとした、結界のようなものです。宇宙船が登録していないものだとここに入ってこれません。」
そして、到着。
「さぁ! 着きました。ここがシャスタ星です。」



リョウの本格的な冒険が始まる。

「~魂~ IN OUR SELF」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く