~魂~ IN OUR SELF

うみかぜ

第27話 宇宙書

今リョウ達は、地下5階A_15室で宇宙書アクスボウを探していると、ガールナーが相手の戦闘力を測るサーズドメーターを見つけリョウに渡し、リョウのものとなった。


『さて、続きだ。探そう。』
リージャードがそう言う。
「ん? なんかここの壁膨らんでませんか?よーし壊してみよー。」
(ドゥーン)
『あんたルーズの力が落ちてもすごいパワーね。』
とリョウは軽い感じで壁に穴をあけた。



そこには真っ黒で暗い独特の雰囲気漂う部屋があった。そして、回りとは正反対と言っていいほどの真っ白の辞書のような厚さの本が転がっていた。


「これはどういうことですか? リージャードさん?もし、これが宇宙書アクスボウなら違う部屋にあることになりませんか?  」

『いや、よく見てみろ。A_15と壁に書いてある。』
『本当だ!ってことはこれが宇宙書アクスボウ? 』


『そういうことになる。とにかくこれを持ち帰るぞ。』
リョウ達はついに宇宙書アクスボウを手に入れた!
(ピッ)
『なんだ?』
急にサズメタが反応した。

(少々強めノ戦闘力ノ持チ主ガ近ヅイテイマス。)


!?

(タッタッタ)

『やっと見つけたぞ貴様ら! 捕まえてやる!!』

『了解!!!』


どうやら宇宙隊アクスの別の部隊が来たようだ。しかし、逃げようとしても部屋の入り口は塞がれている。



「どうするんですかリージャードさん! 」
『む……』
無言になるリージャード。
『とっとと観念しろ!!お前らかかれー!!』



(ドンっ!!)
!?


「ゴホッゴホッ。……今度はなんだ!? 」
「大変お持たせしました。」
『大変待っていたぞ! ……カルハ!』

宇宙隊アクスのやつは驚いた顔でカルハに話しかける。
『おい……貴様!ここは地下5階だぞ!? どうやってきた!?』


「見ればお分かりでしょう穴を開けただけです。」
カルハは、平然と答える。

『なっ……何ぃ!?』



このカルハという女は一体何者なのだろうか……。




「~魂~ IN OUR SELF」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く