~魂~ IN OUR SELF

うみかぜ

第23話 決着

リョウとガールナーはハンバスにやられ万事休すだったが再びリョウが動きだした。





「小童! まだ……、まだ力を残してたというのか!」
リョウは俯いたまま、軽く微笑んでいる。
「残してる?ハハハ。ご冗談を。人って生き物はよ、限界超えると体が自然と動くようになるんだわ。」
「チッ! 厄介なやつめ! だが、まだ私は力が残っている。果たしてその力をねじ伏せられるかな?」
「そんなこと知らない。ただ、前に進むだけだ!」
「ドゥリャーー!!」
(ズゥン! ドンっ! ドンっ!)
リョウとハンバスの激しい肉弾戦になった!
「ゥオリャー!!!」
(ッイーン! )
リョウがハンバスの蹴りをしゃがんで避け、カウンターで、リョウがハンバスに突きを入れた。
リョウがハンバスを追いつめた。
(攻撃が見えん……クソォ!! 体も動かない!チッ、さっきの4人・・のせいか)

「くっあー!!!!」
(スゥー…… ドンッ!!!)
リョウは地面を蹴ってものすごいスピードでハンバスの方に飛び込んでいく。
「クソッタレ!体が動かない.........。」
そして、
(ドンッ!!!!!!!!)
「ぐっ!」
「ぬ、ぬぉ……」

『……クソー!こんな小童に……俺様が……』
(バタッ……)
リョウの全力の蹴りは、もろにハンバスの頭にあたり、その衝撃で遠くに飛ばされた。即死だった。


「やったぞ……ガールナー……!」
(パタッ……)
リョウは全ての力を使い切ったらしい。

「リョウ! 勝ったのね.........!?大丈夫!! 大丈夫だから!!今すぐえーと、あれよ! そう! 回復魔法あげるから!あ、違う!あげるじゃなくて、あー!もう説明はいいわ!回復魔法コンパスティック!」



『コンパスティック!』
そうガールナーがいうとリョウの体力、傷が徐々に回復していった。


「よ、よかった……。魔法はまだ使えるみたい。でも、あの4人・・はもう、戻らない.........。すごく苦戦したけど、あの4人・・がいたから勝てた。だから、悲しいなんて、言わない!!」
涙袋が破裂しそうだ。でも、今はいい。思っいっきり泣いてやろう。そうガールナーは思った。
「ありがとう!!ツムット! ツバラ! スルス! ロースタ!。」
(パタッ……)
ガールナーは倒れた。ガールナーの涙は、地面に落ちて染み込んでいく。
リョウはガールナーの回復魔法コンパスティックで回復した。
「体力と傷が元に戻った! っておいガールナー。自分の残りのHPくらい計算しておかないと。相手回復したのに自分が気絶しちゃってどうするんだよ……。でも、ありがとな!」
リョウは微笑んでガールナーを抱き上げた。



(バンっ! バンっ!)
「なんだ?」
少し離れたところから音が聞こえた。
リョウは気になって周りに散らばっていた、建物の残骸をどかしながら、ガールナーを抱えてそこに近づいた。


「ハァーーーっ!」


そこではリョウと同じ宇宙船に乗っていたと思われる謎の生物達がハンバスのしもべと思われるものと闘っていた。

「~魂~ IN OUR SELF」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く