~魂~ IN OUR SELF

うみかぜ

第7話 リョウの覚醒

「ダメっす!」
「くそー!!」
リョウのルーズは止まらず体に戻っていった。その瞬間、

(ドゥオーーン!)

とんでもない爆発が起こり、手術人は飛んでいった。
手術場は消え、リョウの近くの建物は崩壊した。


「ん?体に力が…うおぉーー!!な…なんなんだこれはぁーー!」
リョウは意識を取り戻した。その頃、外に飛んだ手術人も意識を取り戻した。
「まずいっすよ!早く戻りましょう!」
「そうだな。」

そして手術場に戻ってきた。すると、
「ちょっとあれどういうことっすか!?あいつ意識取り戻しちゃってますよ!早く捕まえてルーズを取らないと!」
「いや、あいつの魂(ルーズ)はもういい。これ以上何が起こるか分からない。危険だ!上に報告して処理して貰おう。」
リョウの頭は混乱していた。
しかし、手術人から聞こえた、『上に報告』『処理』という言葉を聞き、自分が殺されるかもしれないことを悟った。
「あのー。そこの人、俺のこと殺そうとしてる?」
……
「チッ!バレたなら……遠慮なく殺してくれる!!」

そういい、リョウに攻撃をしてきた。
2人は正面から突っ込んできたが、
(ガシッ!)

「何!?」
「貴方達は俺のことを攻撃し、殺そうとしたことがもう行動にでているならば、俺が殺しても文句はないよな!!」
「うおっ!あーー!!」
2人の手を掴んだリョウはそのまま2人を持ち上げ、地面に投げつけた。
2人は動かなかった。
それは人間にはありえないほど
特別に強かった。リョウには格闘などの経験はなくパワーもそれほど持っていない。
なので、リョウは今の攻撃そして、
自分の行動にリョウが1番驚いていた。


あと1人奥に手術人がいたが
そいつはリョウの行動を見てすぐに逃げていった。

「~魂~ IN OUR SELF」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く