~魂~ IN OUR SELF

うみかぜ

第19話 助太刀

『では次で確実にお前は死ぬ!これで終わりだ!電気砲ギャラガッド!!』




!!!
『撃たせるかよ。』

!?
「何ィィ!?」
回復魔法コンパスティック!」
「お前らは.........、死んだのでは!?」
「ハンバス。サザナ。監視カメラで俺達の闘いを観ていたようだが残念ながら不正解だ。」

リョウが倒し、睡眠魔法が効いているはずのプルス部隊の残りの4人のうちの1人、ツムットがリョウ、ガールナーに回復魔法コンパスティックをかけ、
残り3人がハンバス、サザナに金縛りシュットバスをかけている。

「え!?さっき睡眠魔法をかけたでしょ!」
「リーダー、あんな睡眠魔法で僕らを眠らせると思ってたんです?そんなヤワじゃないんですよ俺らは」
「さっきは半殺しにしてしまったのに
助けてもらっておまけに回復魔法コンパスティックまでやってもらって
すまないな。」
「リョウさん?でしたっけ?半殺しって、言い方をもう少し考えてくださいよ(笑)
それに回復魔法コンパスティックはさっきやってもらったんでそのお返しですよ。俺たちが寝かされていたところから、先程までの闘いは見させてもらってましたよ。」
「そうか.........。すまない。助太刀してもらって.........。ガールナー。お前、いい部下持ってるな。」
「まぁね」
ちょっと得意そうなガールナー。
「まぁ、話はこれくらいにしてささっとあいつらをなんとかしないとな。」
「みんなで闘いましょ。」
「そうだな」
すると、プルス部隊のツムットがリョウ、ガールナーに、


金縛りシュットバス!」
!?
『ツムット!なんで!?』
「う、動けない.........。」


リョウ、ガールナーは拘束された。

「~魂~ IN OUR SELF」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く