~魂~ IN OUR SELF

うみかぜ

第12話 戦闘

「さぁリーダーさんよ。いつでもどうぞ。」
「言われなくてもやってやんよ!」
リョウは5人組のうち4人を倒した。そしてリーダーとの対決。

目銃口アットルーズ!」
「何!?」
ガールナーはそう叫んだあと、手のひらからリョウの目に向かってビームのようなものを出した。


が、間一髪で避け切ったリョウ
目銃口アットルーズはね、目にカスリでもしたら即失明する! 悪いね君。私はさっきの4人とは違うんだ。」

「どうやらさっきのことも本気マジの様だな。だが、そんな事は関係ない!」

(シュンっ、シュンっ、シュンっ、)
リョウは所々移動しながらガールナーに近づく。
「どうしても私の背後を取りたい様だね。しかし、技のタネが分かっていれば回避することなど、容易だわ!」


(シュンっ、シュンっ、シュンっ!)
「聞いてなかったの?無駄の事はやめてよね!!それっ!!」
ガールナーはリョウに向かってまたしても目銃口アットルーズを出した。
しかし、


「何!?消えた!? やはり超能力を使う者なのか?」
……

「~魂~ IN OUR SELF」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く