~魂~ IN OUR SELF

うみかぜ

第4話 逆らうやつ

リョウと同じ宇宙船に乗ってたやつがハンバス、サザナに反抗する。





「今、くだらない・・・・・と言った方ちょっとこちらに来てください」
「なんでだ?」
「せっかく我ら宇宙隊アクスに呼ばれここに来たのにそう言った口の利き方をするとは……。こんなこと言ってはなんですが貴方の代わりなど……いくらでもいるんだ!!!」
(ッビュー!!ガッガッガ!)
!?
・・・・



「ごっ……がはっ……!     ばた……」
「皆さん逆らうとこうなりますよ。悪いことは言いません。大人しくしててください。」
サザナが逆らった生物に手を向けた瞬間、一瞬、光が見えたと思ったら、莫大な音と風がおきて、気づいてたらやつは死んでいた。恐らくあの杖から電気のようなものを出したのだろう。そこにいる者達は恐怖を抱いた。

そして、サザナが話し始める。
「あなた方には今言った通り体を調べさせていただきます。呼ばれたら大人しくその人についてってくださいね。脱走しようなんてくだらないこと……考えないでくださいね?」
「あ、そうそう。」
サザナが不気味な笑を浮かべ再び話始める。
「さっきの方は『やり残してきたことがある』なんて言ってましたが、ここにきた全ての方に干渉があった人の記憶は消しております。すなわち.........、、例え自分の星に戻れたとしてもあなた方を覚えている人物は誰もいない・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「え、.........!?」
「そ、そんな.........。」
みんな絶望の表情へと変化していく。
ハンバスの顔は「視界に獲物を捕らえたハイエナ」。そんな表現が1番。そんな表情。希望は絶たれた。

そこから1人ずつ呼ばれ、更に奥の建物の中へ連れていかれた。

「あのリージャードさん。俺達はこの後どうなってしまうのでしょうか……」
「そんな事私がわかるはずがない! ただ生きて帰れることを願おう……」


不安のあまりリョウはリージャードが分かるはずもない質問をしていた。
「よし、じゃあそこのやつこい!」
リョウが呼ばれた。

「~魂~ IN OUR SELF」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く