~魂~ IN OUR SELF

うみかぜ

第3話 呼ばれた理由

リョウは宇宙船に乗せられリージャードという親切なおじさんに会った。
そして、宇宙船はフネット星に到着する。






「着いたぞ、早く降りろ!」
さっき別の部屋から入ってきたやつがまた入ってきて言ってきた。

降りたところはまさに宇宙の要塞といったところであった。星の中心にビル30階はあるだろう建物があり、その周りに小さい建物が点々と。そしてこれ以外に建物は何もなくうちゅうが丸見えだ。そして、息ができるのは恐らくこの中心付近にだけある透明な膜のおかげだろう。透明といえども近くに恒星があったため、膜が見えている。


リョウたちは手錠をつけられ、連れて行かれる。その中心にある建物の中に。だんだんと薄暗い道を進んでいく。すると、奥にはいかにも偉そうなやつが座っていた。1人は、がたいが良くてドッシリしている。かなり力がありそうで、ラスボス感がすごい。
 一方で、もう1人はかなりひょろっとしている。そして、杖を持っていた。
どちらも人間ではないがデカイのがおっさん。ひょろっといてるのは、じぃさんって感じだ。


「よし、お前らそこで止まれ」
俺たちを連れてきたやつがそう言った。
すると、同じ宇宙船に乗ってきたやつが
「あんたの目的はなんだ! 俺たちを誘拐してどうするつもりだ!」
するとひょろっとしたじぃさんみたいなやつが、
「私はサザナ、そして、私の隣にいらっしゃるのがハンバス様。ここはフネット星だ。そして我々、宇宙隊アクスは宇宙の果てからいろんな生物を集め…生態を調べるつもりだ。それだけ・・・・のことだ。」
それだけ・・・・のこと?ふざけるな! 俺はな!まだ故郷にやり残したことがたくさんあるんだ!  そんな生態を調べるというくだらないことになんかに付き合ってられるか!」それを聞いたサザナは呆れ顔をする。
「なるほど貴方はそういう方なのですね…」




そうサザナが言った瞬間に戦慄の空気が流れた。

「~魂~ IN OUR SELF」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く