異世界転生の能力者(スキルテイマー)

藤崎 サクヤ

第12話 妖の森

「いつまで歩いたら奥へ辿り着けるんだよ……。」
「まだ霧は晴れなさそうね……」

「はぁ……。さっきから同じような風景ばっかり見てる気がする……」

というのも1時間ほど前……
俺達は、王都を目指し旅を続けていた。すると道中に濃霧がかかった森が現れた。どうやらここを通るしかないらしい。古びた木の看板にはこの森の名前だろうか……。
名前が記されていた。


あやかしの……森……?」

_____________________

進んでも、進んでも前に進んでいる気がしないのは濃い霧のせいなんだろうか。いや、それだけじゃない何かが……

「な、なぁリーラ。」
「どうしたの?」

「さっきからずっと……俺達、『無限ループ』してないか?」

「確かに。ほとんど景色も変わらないし変よね」

ここからどうにかして抜け出せないものか。。
さっき上から確認しようと空を飛んだら霧が濃すぎて見えなかった。

「そうか……分かったぞ!…無限ループしていく中で俺達は無限ループしている事にあまり違和感を感じなかった。という事は何か違う所があるはず……!そこを見つければここから抜け出せるかもしれない!」

「そうね!見つけ出しましょう!」

木々や草木、花などを目を凝らして見てみる。すると、ある花の色が先程の景色で見たものと違ったのだ。
「これだ!この花を切るんだ!」
「なんで花を切るの?」

「おそらくだけど、このまやかしの空間を作り出しているとするならば核となる部分が必要だと思うんだ。その部分を破壊すれば自ずとこの空間が消えるはず……。」

「なるほどね…切ってみましょう!」
スパッと花が切れる音がして、立ちこめる霧が以前よりも薄くなった。

???「やるねぇ……君達。」

道を進んだ先に何やら純白のタキシードのようなものを着た青年が立っている。
???「俺の名はジェルド。闇の連合軍 ダークサイド:5だ。」

「や、闇の連合軍!?オズルーンの所属していた所か。」
「その通りだ。お前は確かオズルーンを倒したのだと聞いた。だがな、あまり調子に乗らない方がいいぞ。俺はオズルーンよりも遥かに強い。初心者がイキがるのも……大概にしろよ!」

そう言い放つと物凄いスピードで俺の方に向かってきた。速いッ!

「黒竜一閃」
ぐぁっ……!物凄い速さで斬られた。異世界へ転生する時に斬られたあの時のような感覚……斬られた箇所から血が出ている。

「ちょっとタツヤ!?大丈夫……?!」
そう言ってリーラは俺の元に駆け寄ってきてくれる。
「ッ……大丈夫。ありがと……な。」とそう言った瞬間リーラが居なくなった。
「ッ!?お前、リーラをどこへ!」
「森の出口の方へワープさせた。」そうジェルドは言った。

「逃がしていいのかよ!」
「構わん。お前のその首飾りを取ることがあの方の野望……世界を滅ぼすことへの鍵へと繋がる。」

「そうか……よし。なら、この首飾りは……絶対お前らに渡さねぇ!いや、渡すわけにはいかない!
ソードスマッシュ!改!」

そう言って剣を振るとエネルギー波が剣から出て相手の身体を切り裂……けなかった。自分の負った怪我の痛みがひどく、いつも以上の力を発揮することが出来ない。思うように力を出せない。

「はっはっは……こんなもんかぁ?弱い!弱すぎる!これでトドメだ! 疾風斬撃!」
不規則に飛んでくるその斬撃を、後ろに下がり間を取ることで上手く回避した。
「くっ……!」
「まだまだいくぜ!斬雪!」そう言った瞬間周りが辺り一面の雪景色に変わり、それに見とれていると、雪が風にのり吹雪となって俺の身体を襲う。その雪は鋭く痛い。しかも上からジェルドが剣で振りかぶってきた。勝てない。死ぬ。殺されてしまう。今のままなら確実に殺される。だけど……

「ここで、勝たないと……!この首飾りは奴らのものになる。だからこそこんなとこで諦めちゃダメだ……ここで死んで……たまるかぁぁぁ!」
痛みを必死に堪え、立ち上がる。今なら無茶も何でも出来そうだ。周りに覇気のようなものをを纏う。天に剣を突き上げる……すると雷が落ちた。森に鳴り響く轟音。雷を纏う剣!

「雷を纏う剣よ!天命を穿て。八式 稲妻の覇気 雷月斬!」

そう叫ぶと同時に辺り一面に轟音が鳴り響き剣が眩しいほどの光を放つ。
するとその光に飲み込まれるようにジェルドは吸い込まれていった。
「倒した…のか……?」
そう思った刹那、眩しいほどの光がその一瞬で絶望の闇へと変わった。
漆桶しっつう
その一言で逆転されてしまった。
影のような剣の波動がこちらへと向かって来る。
あ、まずい―
「幻想空間っ!」どこからか声が聞こえてきた。そして靄のかかったような一面真っ白の空間が周りに形成された。何が起きたかわからず困惑している俺に魔法使いらしき人がこう言った。
「3秒後にこの森から瞬間移動する。酔わないように気をつけて。3……2―」

「え!?ちょっと待って君は一体―」
そんな質問に聞く耳を持たず、カウントを進めているその人。
「1......0」

「!?」
0になったその刹那に視界が歪むような、そんな感覚がして目眩が起きたのではないかと思ったが、それはなく空間自体が歪んでいるといった状態だ。
ふと気を抜くと出してしまいそうな、そんな状態をなんとか耐え、瞬間移動を行った。

「―奴は……よし、撒いたようね。」
瞬間移動を完了し、空間が消えた後のその景色はとても素晴らしく、木々が青い空を背景に涼しげに揺れているその様や、川の透き通った流水を見ると改めて森を抜けたという事を強く認識する。
そして心配そうにこちらを見ている……彼女が声をかけてくれた。
「お怪我はありませんか……?気分はどうですか?」

「心配要らないよ。ありがとう。ところで君は……何故俺を助けてくれたんだ?」
そう質問すると彼女は微笑みながらこう言った。
「そうですか!なら良かったです。……うーん、困っていたから?ですかね。」

そんな彼女の誠意を受け取って俺は改めて彼女に、こう言う。
「本当にありがとう!君がいなければ俺は今頃ジェルドに殺されているところだった。」

「えへへっ」

その後もたくさん会話を交しているうちにどんどん互いに打ち解けてきていたそんな時。

「あれ…?リーラは?」
彼女がいない。確かジェルドとの戦いの前に、あいつが森の外へ強制テレポートさせたはず。

「もしかしたらその子はもう先に向かっているのかもしれませんよ?なんたってこの先は―」

そう言って俺と真っ直ぐに目を合わせてこう言った。
「王都ですから!」



あとがき

ほんっとに長いことお待たせ致しました……反省っ!
今年の4月中旬からこのお話書き始めたのに気づけばもう11月中旬です。。やっぱりお話の構成を練ってから書いた方が書きやすいことをすごく感じさせられました……(´×ω×`)
途中で鬼滅の刃にドハマりしまして、技名がそれっぽくなってたりとまぁ色々あった半年間でございました。

この作品の次の話が更新されない中、お気に入り登録をしてくださった皆様、そしてして頂いてる皆様!本当にありがとうございます 
この作品の投稿も投稿頻度をあげていこうと思いますのでどうぞこれからもよろしくお願いします。
一旦ここまでの話を1章と致しまして次の13話からは2章となります!王都編という事でお楽しみに!

そして……新しく作品を書こうと思っております。ラブコメに挑戦しようと思います!しっかり構成を練ってから書くつもりなのでまだ先の方へとなりますがこちらの方にも宣伝致しますので良ければお気に入り登録しちゃってくださいっ!
ではでは、改めまして13話からの第2章 王都編、乞うご期待です!!
            藤崎サクヤ

「異世界転生の能力者(スキルテイマー)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く